メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アジサイルビーレッド」検索結果。

アジサイルビーレッドの商品検索結果全3件中1~3件目

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】 アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルルビーレッド 5号

千草園芸

2,376

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】 アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカルルビーレッド 5号

18年3月23日入荷。 苗の状態は季節により変化いたします。183d ◆鮮烈な赤が特徴のテマリアジサイ ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

あじさい 苗 西洋アジサイ 【 ルビーレッドボール 】 5号ポット苗 紫陽花 庭木 落葉樹 低木

花ひろばオンライン

1,382

あじさい 苗 西洋アジサイ 【 ルビーレッドボール 】 5号ポット苗 紫陽花 庭木 落葉樹 低木

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 1 本 まで。 2~10本 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。 11本以上のご注文はの場合は複数梱包になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含め高さは20~30cm前後です。品種によって軸の太さや背丈が異なります。冬は葉がすべて落葉しております。冬は細い枝がちょろっと出ただけの苗です。花は付いておりません。 こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。 アジサイの育て方 【水やり】 基本的に移植や植え付けは11月~入梅までに行います。肥沃な土壌を好みます。日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。 酸性土だと花色が青、アルカリ性だと赤に変わります。ヤマアジサイは土質による色の変色は少ないです。 【肥料】寒肥として油かすと堆肥を株周りに敷きつめます。赤花品種には木灰や石灰を散布すると色が鮮やかになり、青色系品種にはピーとモスを施すと鮮やかな青が出ます。7~9月に追肥として速効性化成肥料を与えます。 【水やり】アジサイはあまり用土を選びませんが、十分に水を与え、なるべく水切れさせないでください。 【剪定】なるべく刈り込みは控えます...

あじさい 苗 ハイドランジア 【マジカル ルビーレッド】 5号ポット苗 紫陽花 鮮やかな赤花大輪種 庭木 落葉樹 低木

花ひろばオンライン

1,598

あじさい 苗 ハイドランジア 【マジカル ルビーレッド】 5号ポット苗 紫陽花 鮮やかな赤花大輪種 庭木 落葉樹 低木

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・小梱包です。(80サイズ) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 1 本 まで。 2~10本 のご注文の場合、送料は 通常梱包 になります。 11本以上のご注文はの場合は複数梱包になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木はポット苗です。ポット部分を含め高さは20~30cm前後です。品種によって軸の太さや背丈が異なります。冬は葉がすべて落葉しております。冬は細い枝がちょろっと出ただけの苗です。花は付いておりません。 こちらの商品は、鉢植え栽培も可能です。 アジサイの育て方 【水やり】 基本的に移植や植え付けは11月~入梅までに行います。肥沃な土壌を好みます。日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。 酸性土だと花色が青、アルカリ性だと赤に変わります。ヤマアジサイは土質による色の変色は少ないです。 【肥料】寒肥として油かすと堆肥を株周りに敷きつめます。赤花品種には木灰や石灰を散布すると色が鮮やかになり、青色系品種にはピーとモスを施すと鮮やかな青が出ます。7~9月に追肥として速効性化成肥料を与えます。 【水やり】アジサイはあまり用土を選びませんが、十分に水を与え、なるべく水切れさせないでください。 【剪定】なるべく刈り込みは控えます...

こちらの関連商品はいかがですか?

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 5号 e4

千草園芸

3,132

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 5号 e4

※こちらは花終わり苗です。 ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月25日更新 177d) ※写真は見本品です。 17年6月27日に再入荷。植物の状態は季節によって変化いたします。176e 荷物の大きさはmサイズです。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 隅田の花火(スミダノハナビ) 5号

千草園芸

1,836

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) 隅田の花火(スミダノハナビ) 5号

18年4月13日入荷、撮影しました。 写真は見本品です。 季節によって状態は変化します。 184b ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属の落葉低木(一部に常緑性のものがある) 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■あじさいの特徴 学名のHydrangeaとはアジサイの属名ですが、ラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 欧米で品種改良された「ハイドランジア」は西洋アジサイと呼ばれ大型の花を咲かせるものをさします。 これらは主に日本国内やヨーロッパ...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ピンク  5号【18年入荷株】

千草園芸

2,592

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ピンク 5号【18年入荷株】

18年4月13日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。184b 送料はmサイズです。(ページ下の送料表をご確認ください。) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

千草園芸

4,536

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年4月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184a-u ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) プティー ピンク 5号苗 【18年入荷株】

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) プティー ピンク 5号苗 【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年3月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183d ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 母の日 品種アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージィブーケ ノーブル2 ピンク  5号鉢

千草園芸

3,564

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージィブーケ ノーブル2 ピンク 5号鉢

18年4月17日入荷。 季節によって状態は変化します。184c 同梱可能数4 写真の花色は見本です。土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 ...

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ レッドレゲエ6号苗【17年入荷株】

千草園芸

3,780

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ レッドレゲエ6号苗【17年入荷株】

※こちらは花終わり苗です。 ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (8月21日更新 178c) ※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい)  雨に唄えば(ピンク) 4号【18年入荷株】

千草園芸

1,080

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) 雨に唄えば(ピンク) 4号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年4月17日に撮影しました。季節によって状態は変化します。184c ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してくだ...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい)ピンキーリング 6号鉢【18年入荷株】

千草園芸

5,940

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい)ピンキーリング 6号鉢【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年4月6日に撮影しました。状態は季節によって変化いたします。184a ★使用用途 苗、地植え、花壇、品種、花苗、などアジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)...

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品】アジサイ(紫陽花・あじさい) 華あられ 5号苗【18年入荷株】★発送日でお選びください。

千草園芸

5,400

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品】アジサイ(紫陽花・あじさい) 華あられ 5号苗【18年入荷株】★発送日でお選びください。

写真は見本品です。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。 写真は17年6月27日に入荷時の物です。 植物の状態は季節によって変化いたします。 送料はmサイズです。(ページ下の送料表をご参照ください。) ◆濃いピンク(赤に近い)花弁が小ぶりでかわいらしい。「ポップコーン」に近い紫陽花 新品種 長くお花を楽しんでいただくための管理方法と、翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 5号苗 e4-5

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【17年入荷株】アジサイ(紫陽花・あじさい) LKパープル 5号苗 e4-5

※こちらは花終わり苗です。 ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (8月4日更新 177d) ※写真は見本品です。 写真は17年6月20日に撮影しました。 こちらの品種は特に秋色になりやすい品種です。 ↓秋色の写真。↓ 季節によって状態は変化します。176d ※送料はMサイズ(756円)です。 (商品ページ下部の送料表を参照) ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード 17年入荷株、Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には...

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗 【17年入荷株】(e8)

千草園芸

3,240

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ブルーバラード6号苗 【17年入荷株】(e8)

※こちらは花終わり苗です。 ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (8月21日更新 178c) ※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 泉鳥(イズミドリ) 5号苗【18年入荷株】

千草園芸

3,024

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 泉鳥(イズミドリ) 5号苗【18年入荷株】

18年4月6日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。184b 同梱可能数5 翌年も美しく花を咲かせる栽培方法を書いた説明書をお付けします。 ※写真は入荷時の見本品です。 ★使用用途 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ハチジョウチドリ(八丈千鳥)'Hachijouchidori' 近年八丈島で発見された大型のガクアジサイで、関西関東地方では普通のアジサイと同じように落葉しますが、15度以上ある現地では常緑樹となっています。 現地では周年開花し、花期によって額縁咲き、半手マリ咲き、時には手マリ咲きと変化します。 南国の花を思わせる大振りの姿をしています。私の手が小さく見えませんか? (学名)Hydrangea macrophylla 'Hachijochidori' 「アジサイ八丈千鳥」は2009年杉本佳洋氏によって品種登録されています。 泉鳥(イズミドリ) 加茂花菖蒲園さんによって八丈千鳥を基にして露地植えにも向くアジサイとして改良された品種で、八丈千鳥の形質を強く残していますが、花つきがよいとされています。 ガクアジサイに分類されますが、一般的なガクアジサイは中央に両性花の塊があり、 その周りを装飾花が囲んでいますが、両性花と回りの装飾花が、混ざり合うように咲くことが多いようです。 花は咲き始めは純白ですが、土の酸度によって 咲き進むと淡い青色がかった色になることがあります。 花びらは少し先端がとがって反り返り、すっきりとした形が好まれます。 中央の青い両性花は湖、周りの白い八重咲きの装飾花を水鳥に見立てて、 泉鳥という名前がつけられたそうです。 鉢植えではコンパクトに仕立てられていますが...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ ゴキゲンヨウ ブルー 5号鉢

千草園芸

3,024

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ ゴキゲンヨウ ブルー 5号鉢

※写真は見本品です。 18年4月3日に入荷。 季節によって状態は変化します。184a 同梱可能数4 ★使用用途 ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意して...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ アラモード ブルー 5号【18年入荷株】

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》アジサイ アラモード ブルー 5号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年4月46日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184a ガク咲きで金平糖のようなかわいい花が特徴。 花弁のグラデーションが美しい品種 ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン 4号苗(a9)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン 4号苗(a9)

18年3月23日に再入荷しました。季節によって状態は変化します。183d 正式名称は「ホップコーン」です。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ユーミー カリッジ 4号苗(a8)

千草園芸

1,944

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) ユーミー カリッジ 4号苗(a8)

※写真は見本となります。 写真は18年8月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。182a ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ ダンスパーティー“ハッピー"4号

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ ダンスパーティー“ハッピー"4号

※写真は見本品です。 写真は18年3月23日に撮影しました。季節によって状態は変化します。183d ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 母の日 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く...

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ エンドレスサマー 6号

千草園芸

4,104

《エントリーでポイント5倍》【18年入荷株】アジサイ エンドレスサマー 6号

※写真は見本品です。 18年4月17日入荷。 季節によって状態は変化します。184c 同梱可能数4 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) エンドレスサマー ポット苗

千草園芸

540

《エントリーでポイント5倍》アジサイ(紫陽花・あじさい) エンドレスサマー ポット苗

写真は4月13日。木の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり(春)】 【花終わり(夏)】 【花終わり(冬)】 開花前または開花している状態 最盛期を過ぎ...

《エントリーでポイント5倍》【あじさい苗】アジサイ(紫陽花) 霧島の恵 3.5号苗 a

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》【あじさい苗】アジサイ(紫陽花) 霧島の恵 3.5号苗 a

17年9月12日入荷。植物の状態は季節により変化いたします。179b霧島の恵 学名:Hydrangea macrephylla"Kirishima no megumi" 性状:落葉低木 様式:庭・鉢向き 日照:日向・半日向 開花:5月~11月 耐寒性:強い(0℃以下でも可) 草丈:80~100cm 「霧島の恵」は2011年に松永一氏によって品種登録された四季咲き性のアジサイです。 日本古来の「シキザキヒメアジサイ」や「エンドレスサマー」のように開花期が長く、咲き終わった花をカットすると次々開花する性質のアジサイです。 また、秋に咲いた花は、寒さで葉が紅葉して落葉しはじめる11月までは、花があります。 11月まで紅葉を楽しむことができます。 直射日光下では紅葉が十分に発色されます。 花は咲き終わったものをカットすると次々開花しますが、アキイロアジサイになるまで楽しむと2番花以降に咲く花は少なくなります。 アジサイ"霧島の恵"の育て方 用土は、赤玉土6と腐葉土、またはピートモスを4で混ぜ合わせた用土を使用します。 花色は土壌のPHのわずかな差でブルー(酸性)からピンク(アルカリ性)に変わりやすい性質があります。 1株でピンクやブルーの花が咲くこともよくあります。 水遣りは、水を好むため、植え付け後もたっぷり与えます。 水切れは、早花がしおれるだけでなく、花をいためる最大の原因になります。 鉢植えはとくに気をつけ、表面が乾き始めたらたっぷり与えます。 肥料は、春の生育期から開花中はずっと液肥を1週間に1度やり続けてください。 次々開花しますから、肥料切れは禁物です。 花色は土壌のPHで濃いブルー~ピンクへと変化しやすいです。 "霧島の恵" に良く似たアジサイには "エンドレスサマー"と"シキザキコアジサイ"があります。...

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージーブーケ エビータ ピンク 5号★5月1日発送予定★

千草園芸

4,212

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージーブーケ エビータ ピンク 5号★5月1日発送予定★

◆紫ピンクの極小輪系の星型八重咲きアジサイ 写真は見本品となります。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。 送料はmサイズです。(ページ下の送料表をご参照ください。) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 母の日 品種 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は...

送料無料
《エントリーでポイント5倍》【早期予約・送料無料】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージィブーケ ビビアン ピンク 5号鉢★発送日でお選びください★

千草園芸

5,724

《エントリーでポイント5倍》【早期予約・送料無料】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポージィブーケ ビビアン ピンク 5号鉢★発送日でお選びください★

写真は見本品です。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 送料無料商品となりますが、北海道や離島など、別途船賃等がかかる地域への発送は別途送料がかかります。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。...

送料無料
《エントリーでポイント5倍》【早期予約品・送料無料】アジサイ(紫陽花・あじさい) エリエール 5号鉢★発送日でお選びください★

千草園芸

6,156

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品・送料無料】アジサイ(紫陽花・あじさい) エリエール 5号鉢★発送日でお選びください★

■大王製紙エリエール誕生の30周年(2009年)を記念して開発したアジサイということです。 写真は見本品です。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 送料無料商品となりますが、北海道や離島など、別途船賃等がかかる地域への発送は別途送料がかかります。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には...

《エントリーでポイント5倍》【17年入荷株】ピラミッドアジサイ リトルライム 5号(a3)

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》【17年入荷株】ピラミッドアジサイ リトルライム 5号(a3)

※写真は見本品です。 写真は17年10月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710b ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)ノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ピラミッドアジサイ ライムライト 学名: Hydrangea paniculata `Limelight' 「ピラミッドアジサイ ミナズキ」と似ていますが、 名前のとうり、咲き始めはきれいなライムグリーンです。 花の色はライムグリーンから次第にクリーム色に変わり、色の変化が楽しめます。 肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での路地植えが出来ます。 ノリウツギ リトルライム ノリウツギ"ライムライト"のワイ性品種です。 グリーンから咲き始めた花は、白く開花し、夏にはソフトグリーンに、秋にはピンクからワイン色へと変化します。

送料無料
《エントリーでポイント5倍》【早期予約品・送料無料】アジサイ ポージーブーケ ケーシィ 5号【18年入荷株】★発送日でお選び下さい

千草園芸

4,860

《エントリーでポイント5倍》【早期予約品・送料無料】アジサイ ポージーブーケ ケーシィ 5号【18年入荷株】★発送日でお選び下さい

写真は見本品です。 こちらの商品は、4月後半~5月上旬に一番きれいな状態になるように生育されたアジサイです。 一番良い状態で入荷いたしますので、すぐに発送させていただくことで、 良い状態でお楽しみいただくことができます。 上記の理由から発送日が決まっている商品となりますので、発送日の変更は一切行っておりません。 ご了承いただきますようお願いいたします。 送料無料商品となりますが、北海道や離島など、別途船賃等がかかる地域への発送は別途送料がかかります。 母の日前は、運送会社が大変混雑いたします。 基本的には最短で到着するよう努めておりますが、 遅延等が発生する場合がございます。ご理解の程よろしくお願いいたします。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。...

《エントリーでポイント5倍》ヤマアジサイ ハクセン(白扇)4号苗【18年入荷株】20日入荷予定

千草園芸

1,620

《エントリーでポイント5倍》ヤマアジサイ ハクセン(白扇)4号苗【18年入荷株】20日入荷予定

写真は見本品です。18年4月20日入荷。木の状態は季節により変化いたします。184c学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】アジサイ ポージーブーケ ケーシィ 6号苗【17年入荷株】c8 c19

千草園芸

2,376

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】アジサイ ポージーブーケ ケーシィ 6号苗【17年入荷株】c8 c19

※写真は見本品です。 写真は17年5月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176e 葉が焼けている部分もありますが、 新芽がふいてきますので 生育上問題はありません。 こちらは苗として販売しております。 来季以降は酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします...

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】ヒメアジサイ 七変化(シチヘンゲ)4.5号苗 ブルー【17年入荷株】

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】ヒメアジサイ 七変化(シチヘンゲ)4.5号苗 ブルー【17年入荷株】

※こちらは ★今年の入荷から咲き進み 観賞時期が終わったため、 カットして苗として販売しております。 できる限り新芽が吹いてきているものからお送りします。 (少し古葉が焼けているものもありますが、 新葉がふきますのでご了承ください。 ) (7月17日更新 177c) ※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影しました。 こちらは今年入荷した開花株ですが 苗として販売しております。 花が終わったら、花軸をカットしてお送りします。 冬場は落葉します。 季節によって状態は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ マジカル グリーンファイヤー 3.5号苗(a8)

千草園芸

1,242

《エントリーでポイント5倍》アジサイ マジカル グリーンファイヤー 3.5号苗(a8)

18年2月17日に入荷しました。 状態は季節によって変化します。182c ※写真は見本品です。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます...

《エントリーでポイント5倍》カシワバアジサイ八重咲き スノーフレーク 5号鉢 3本立ち【18年入荷株】

千草園芸

3,888

《エントリーでポイント5倍》カシワバアジサイ八重咲き スノーフレーク 5号鉢 3本立ち【18年入荷株】

こちらは現在花が終わっております。 苗としてご利用ください。 (8月3日更新 177d) ※写真は見本品です。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) 写真は17年5月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。175d 176a ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。カシワバアジサイ スノーフレーク 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea quercifolia 'Snow Flake' 原産: 北アメリカ東部 開花期: 5月中旬~7月 樹高: 1~2m 別名: Oak-leaved Hydrangea(オークリーブドハイドランジア) 栽培敵地: 北海道南部以南 深く切り込みの入った葉が...

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ エンジェルスプラッシュ 5号苗【17年自然開花見込み株】(a8)

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ エンジェルスプラッシュ 5号苗【17年自然開花見込み株】(a8)

こちらは現在花が終わっております。 苗としてご利用ください。 (7月31日更新 177d) ※写真は見本品です。 写真は17年7月1日に撮影しました。 花芽が少しづつ付いております。 ハイドランジア パニキュラータ エンジェルスプラッシュ ヨーロッパの人気のノリウツギ 始めは白い花で、次第にピンク色になります。 季節によって状態は変化します。176d 176e ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ノリウツギ 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ハイドランジア パニキュラータ エンジェルスプラッシュ ヨーロッパの人気のアジサイブランド“LIVING CREATIONS"のシリーズ ヨーロッパでも流通量が少なく、始めは白い花で、次第にピンク色になります。

《エントリーでポイント5倍》【17年入荷株】ピラミッドアジサイ リトルライム 10号

千草園芸

7,344

《エントリーでポイント5倍》【17年入荷株】ピラミッドアジサイ リトルライム 10号

※写真は見本品です。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はLサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)ノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ピラミッドアジサイ ライムライト 学名: Hydrangea paniculata `Limelight' 「ピラミッドアジサイ ミナズキ」と似ていますが、 名前のとうり、咲き始めはきれいなライムグリーンです。 花の色はライムグリーンから次第にクリーム色に変わり、色の変化が楽しめます。 肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での路地植えが出来ます。 ノリウツギ リトルライム ノリウツギ"ライムライト"のワイ性品種です。 グリーンから咲き始めた花は、白く開花し、夏にはソフトグリーンに、秋にはピンクからワイン色へと変化します。

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ苗(ノリウツギ) ピンキーウィンキー 4.5号 (a6)

千草園芸

1,728

《エントリーでポイント5倍》【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ苗(ノリウツギ) ピンキーウィンキー 4.5号 (a6)

こちらは花期が終わり、苗として販売となります。 ※写真は見本品です。 写真は17年5月30日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 冬場は落葉しております。 175d 176a ノリウツギ ピンキーウィンキー 咲き始めは白色ですが、咲き進むと赤色(詳しくはダークピンク)に変わる ベルギーから導入された最新品種です。 初夏からカラフルな豪華な花を咲かせます。 背丈は1.8m位になります。開花期は8~10月。 剪定は秋の落葉後または春の3月に行います。 日当たりのよい場所と水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 4個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属...

《エントリーでポイント5倍》アジサイ エリエールアニバーサリー 4号苗(a9)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》アジサイ エリエールアニバーサリー 4号苗(a9)

18年3月23日に再入荷しました。季節によって状態は変化します。183d ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ エリエールアニバーサリー 2009年に園芸家、谷田部元照氏が開発したアジサイで大王製紙エリエール誕生の30周年(2009年)を記念して名づけられたアジサイということです。 宣伝ぽいのが気になるところですが、素直な感じのアジサイです。 2008年に登録出願され、翌年品種登録されています。 「隅田の花火」に育成者所有の育成系統を交配し、選抜されて開発された品種です。 樹形は開張性、樹高は高めです。

《エントリーでポイント5倍》ヤマアジサイ苗 青山アジサイ(アオヤマアジサイ)

千草園芸

442

《エントリーでポイント5倍》ヤマアジサイ苗 青山アジサイ(アオヤマアジサイ)

こちらの商品は苗の状態で販売しております。 18年4月10日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。184b 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ご一緒に専用肥料はいかがでしょうか。 【同梱可能】学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 様々な品種がございます。 ↓他のヤマアジサイはお探しの方はこちら↓ ヤマアジサイ苗

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ)3.5号ポット苗

千草園芸

756

《エントリーでポイント5倍》アジサイ 隅田の花火(スミダノハナビ)3.5号ポット苗

写真は見本です。 こちらは苗です。一番下の写真のような苗です。アジサイ 学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 アジサイ隅田の花火(スミダノハナビ)'Sumida no hanabi' 学名: Hydrangea serrata f.'Sumida no hanabi' 形態は白に近い淡青色で、額は剣弁、早くから流通していますが、安定した生産がつ続けられています。1977年に神奈川県横浜市の民家の庭で発見された株が量産されるようになったとされています。 下は我が家の庭で咲いた「墨田の花火」です。...

《エントリーでポイント5倍》ヤマアジサイ苗 姫アジサイ(ヒメアジサイ)

千草園芸

507

《エントリーでポイント5倍》ヤマアジサイ苗 姫アジサイ(ヒメアジサイ)

こちらの商品は苗の状態で販売しております。 18年3月23日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。183d 土のPH(酸度)により、花の色は、変化いたします。 ご一緒に専用肥料はいかがでしょうか。 【同梱可能】学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 様々な品種がございます。 ↓他のヤマアジサイはお探しの方はこちら↓ ヤマアジサイ苗

《エントリーでポイント5倍》アジサイ ~花火シリーズ~ 凜花(リンカ) 4号苗(a9)

千草園芸

1,080

《エントリーでポイント5倍》アジサイ ~花火シリーズ~ 凜花(リンカ) 4号苗(a9)

※写真は見本品です。 18年3月23日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。183d 凛花 花火シリーズの中でも、和風を感じさせる品種で 秋色あじさいになったときもキレイな状態になります。 大きさはスターマイン、可憐との中間サイズです。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。...

《エントリーでポイント5倍》花水木(ハナミズキ)レッドビューティー【シンボルツリーに最適な植木・苗木のハナミズキ】(f2)

千草園芸

2,700

《エントリーでポイント5倍》花水木(ハナミズキ)レッドビューティー【シンボルツリーに最適な植木・苗木のハナミズキ】(f2)

※写真は見本品です。 写真は18年4月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

《エントリーでポイント5倍》【現品】長命樹(ムベ・トキワアケビ)10号 601

千草園芸

10,260

《エントリーでポイント5倍》【現品】長命樹(ムベ・トキワアケビ)10号 601

写真の商品をお送りします。 写真は17年6月6日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。176a-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 別名:長命樹、トキワアケビ 。 学名 Stauntonia hexaphylla 原産 日本、朝鮮半島 分類 アケビ科 栽培適地 東北地方~九州 開花期 5~6月 結実期 9月 特性 葉が年を経るにつれ5枚、7枚と小葉を増していくため、昔から吉祥の木とされている。 果樹は食用にもなります。 商品の高 さ 8号鉢植えで、鉢を含めた高さは約180cmです。 ムベ 【分類】 アケビ科ムベ属のつる性常緑低木(雌雄同株) 【学名】 Stauntonia hexaphylla 【原産】 本州、四国、九州、朝鮮半島、中国 【別名】 トキワアケビ、ウベ 【用途】 鉢植え、庭植え、目隠し 【開花】 4月~5月 【結実】 6月~10月 【栽培適地】東北以南 【成木】 2m~20m ムベは、常緑性でアケビに比べ、実は小さく、果実は熟してもアケビのように裂かれません。また葉は、アケビより光沢があります。 また長寿の樹として知られる縁起きでもあります。 実は食用になりますが、アケビ等に比べて小さく、果肉も甘いが種が多く食べにくいので、商業的価値はあまりありません。 建物の日よけに利用した例。 ■栽培方法 ムベは日当たり、水はけ、肥沃な土壌を好みます。 乾燥しすぎると実つきがよくないので水やりは適宜に行いましょう。 またムベの場合も、1本でも実をつけますが、2本以上一緒に育てたほうが実つきはよくなります。木が若いのときに、花をよく咲かせても実をつけないこともありますが、1~2年成長すれば実がついてくるでしょう。 (植え付け)...

《エントリーでポイント5倍》サクランボ 暖地 苗 6号 (d5)

千草園芸

1,782

《エントリーでポイント5倍》サクランボ 暖地 苗 6号 (d5)

写真は見本品です。 実のついた写真は16年5月10日 開花時の写真は17年3月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173c-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 暖地サクランボは、桜より早く3月中旬に花が咲き、5月の上旬に実が色付きます。 学名 Prynus L. 成木の樹高 3~5m 栽培適地 東北地方~九州 開花期 4月 結実期 5~6月 特性 暖地サクランボは受粉樹がなくても実をつける栽培しやすい品種です。実も割合大きく、家庭栽培には最適と言えます。 商品の高さ 高さは約1mくらいです。 お届けする商品 写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。また、季節により木の状態は変化いたします。サクランボ 暖地 (分類) バラ科サクラ属の落葉中低木 (学名) Cerasus pseudocerasus (原産) 西アジア地方、ヨーロッパ地方 (別名) 中国桜桃(チュウゴクオウトウ)、シナミザクラ (樹高) 2~3m (開花期) 3月中旬 (収穫期 5月中旬~6月中旬) (利用) 鉢植え、露地植え (栽培適地) 関東地方以南 果実は小ぶりですが、栽培も比較的容易で、1本だけでもよく結実するため、家庭向きの品種です。 開花が3月中旬と、普通のサクランボの4月中旬に比べひときわ早く、開花期に-2℃以下の低温に合うと、雌しべが凍死して結実しませんので寒地での栽培には不向きです。 剪定時期は12~3月に行います。強剪定は避け、込み合った枝を透かす程度にします。

《エントリーでポイント5倍》ゴヨウシロ(五葉白)アケビ 5号

千草園芸

2,376

《エントリーでポイント5倍》ゴヨウシロ(五葉白)アケビ 5号

写真は18年3月30日に撮影しました。183d 実:ラベルの写真のように実が縦に割れたら食べごろです。 果実は薄切りにして油いためなど、春の新芽はおひたしに、その他、姿焼き、くるみあえ、干して煮付けに、天ぷらなど、冷凍保存も可能です。 ■栽培方法 日当たり・水はけ よいところ(半日陰でも育ちます) 水やり 乾燥しすぎると実つきがよくないので水やりは適宜に行いましょう。 肥料 10月ころに油粕を与える程度でよいでしょう。 剪定・手入れ できるだけ避けましょう。 病気・害虫 とくにありません。 耐寒性・耐暑性 ともにあります。 その他 自分の花では受粉しにくいので、結実させるために三つ葉アケビと五葉アケビといった異なる品種を一緒に育てれば実つきがよくなります。 商品の高さ 鉢を含めた高さは約60cm 送料 1050円より(地域、宅配業者により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 3個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は2個 備考 写真は10年8月11日撮影。木の状態は季節により変化いたします。アケビ 【分類】アケビ科アケビ属の蔓性落葉低木 【学名】Akebia quinata 【原産】本州、四国、九州、朝鮮半島、中国 【別名】アケビカズラ 【用途】鉢植え、庭植え、フェンス 【開花】4月~5月 【結実】6月~10月 【成木】2m~20m 【栽培適地】日本全国(アケビ) もともとアケビは薬用として利用され、また蔓は編み物などの材料として古くから利用されてきた植物です。 アケビ(Akebia quinata Deene)はゴヨウアケビと呼ばれているまる葉のものを言います。 雌雄同株であるが雌雄異花で淡紫色の花をつけます。 雄花の中央部には6本の雄しべがミカンの房状に、一回り大きい雌花は中央部にはバナナの果実のような雌しべが放射状につきます...

《エントリーでポイント5倍》斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

千草園芸

3,024

《エントリーでポイント5倍》斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

17年10月6日入荷いたしました。 状態は季節により変化いたします。 1710a-uノリウツギ 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 斑入ノリウツギ 雪化粧 「ピラミッドアジサイ ライムライト」と似ています。 斑入りの美しい葉に、花は白い花が咲きます。 四季咲き性の強いアジサイですから花が終わりかけると本年枝を2/3位残して剪定すると新梢が伸びてまた花を咲かせます。肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での露地植えが出来ます。

《エントリーでポイント5倍》西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

■栽培方法 日当たりと排水のよいところを好みます。定植する場合は、土を崩さないようにします。水遣りは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。 ■商品の写真は、17年10月26日撮影。 木の状態は、季節により変化します。1710d 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。西洋シャクナゲ ■分類:ツツジ科ロードデン属の常緑中低木 ■学名:Rhododendron ■原産:園芸種 ■樹高:2~6m ■開花期:4月~5月 日本や中国南部、東南アジア原産のシャクナゲがイギリスを主としたヨーロッパで品種改良されたものを西洋シャクナゲと呼ばれます。 日本に逆輸入されたものが日本で品種改良されたものもそのように呼ばれます。 日本原産のシャクナゲより、大振りで立ち性、成長も早いもので、性質も強いものです。 ■管理方法 ・日当たりを好みますが、真夏の暑さには弱いので夏は半日陰で管理しましょう。 ・暑さ対策として、株元に腐葉土やバークチップを敷きつめるマルチングをし、西日には当たらないようにします。 ・シャクナゲは酸性土を好みます。鉢植えでは鹿沼土単用で、露地植えでは植え場所を高くして鹿沼土を混ぜた酸性用土に植えてください。 ・鉢植の場合は、根詰まりすると乾燥しやすくなります。根詰まりを起こさないように、毎春一回り大きい鉢への植え替えが必要です。 ・露地植えでは水はけのよい高い位置に植え、用土は鉢植と同じ鹿沼土を多用するとよくできます。 ■肥料 ・寒肥として2月頃、生育期の3月、花後の5月、そして秋に油粕の固形肥料、または緩効性肥料を与えます。 ■水やり ・春と夏は、朝と夕方にたっぷり与えてください。 ・秋、冬は土が乾いたら水を与えます。 ■剪定 花後はしぼんできたら...

《エントリーでポイント5倍》南天(ナンテン)「レモンライム」5号

千草園芸

2,592

《エントリーでポイント5倍》南天(ナンテン)「レモンライム」5号

※写真は見本品です。 写真は18年3月26日再入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。...

《エントリーでポイント5倍》ビバーナム ピンクビューティー 5号(j4)

千草園芸

1,296

《エントリーでポイント5倍》ビバーナム ピンクビューティー 5号(j4)

※写真は見本品です。 樹形には、ばらつきがあります。 写真は17年5月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175c-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤブデマリ (分類) 、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木 (学名) Viburnum plicatum var. tomentosum (原産) 本州、四国、九州の林内の谷筋 (栽培適地) 東北地方以南 初夏に白い花をつながるように咲かせ秋は小さい赤い実をつけます。庭の脇役として、よく植栽されます。葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化も楽しめます。 (植え付け) 日当たり、または半日陰の乾燥しない場所を好みます。じけじけした停滞水の溜まる場所は好ましくありません。 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植え終えた後は支柱を3本立てて固定してください。 ピンクビューティ 薮手毬(ヤブデマリ)の園芸品種である姫薮手毬(ヒメヤブデマリ)から作出されました。 特徴は、はじめは白い花が咲き、咲き進むと花の色がピンクを帯びて美しい色になります。 樹高は1メートルから2メートルで、開花時期は5月から6月。 樹高は1メートルから2メートルで、開花時期は5月から6月。

《エントリーでポイント5倍》椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

千草園芸

2,754

《エントリーでポイント5倍》椿(ツバキ) タマアメリカーナ 5号

写真は見本品です。 写真は17年2月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 172a-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります...

《エントリーでポイント5倍》コデマリ 5号鉢植え(J10)

千草園芸

1,620

《エントリーでポイント5倍》コデマリ 5号鉢植え(J10)

18年2月16日に入荷しました。182c-u 木の状態は季節により変化いたします。コデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

《エントリーでポイント5倍》【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 41202

千草園芸

4,860

《エントリーでポイント5倍》【現品】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 41202

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b-u 鉢を除く樹高は約40cmです 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 特性・水はけのよい酸性土壌を好みます。鉢植えでは粗い鹿沼土を用います。クロフネツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron schlippenbachii 【原産】中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島 【別名】カラツツジ 【開花】4-5月 【利用】庭植え、鉢植え【樹高】1m-4.5m 【栽培敵地】 北海道中部~九州 大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもあります。日本には江戸時代に朝鮮半島から渡来したとされています。 黒船に乗って渡来したとツツジ、黒船来航のころに渡来したツツジから名づけられたようです。 葉の展開後すぐに、淡い桃色の大形の花を咲かせます。 ●育て方のポイント● 耐暑性耐寒性に強く栽培しやすいツツジです。生育は遅く、大きくなるのに年月がかかります。 日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。用土は、水はけの良い土壌に鹿沼土やピートモスを2~3割以上混ぜた用土を使います。鉢植えでもよく生育します。 肥料は、冬と花後に化成肥料または油粕を与えます。 ●病害虫対策● 病気はほとんどありませんが、暖地ではグンバイ虫が発生しがちです。 新芽の展開する5月~6月には、浸透移行性の殺虫剤オルトラン粒剤などを撒いて予防します。

《エントリーでポイント5倍》【現品】 ハイノキ(灰の木)株立ち111703 r

千草園芸

16,740

《エントリーでポイント5倍》【現品】 ハイノキ(灰の木)株立ち111703 r

※写真の商品をお送りします 写真は17年11月17日撮影しました。木の状態は季節により変化いたします。1711c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 常緑ハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2~3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5~10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるよう...

スポンサーリンク
スポンサーリンク