メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アオムシ農薬」検索結果。

アオムシ農薬の商品検索結果全2件中1~2件目

送料無料
フマキラー 花、野菜、庭木の病害虫対策と活力補給に フマキラー カダンプラスDX 450ml 2本セット

Amazon

2,200

フマキラー 花、野菜、庭木の病害虫対策と活力補給に フマキラー カダンプラスDX 450ml 2本セット

●一年中いるアブラムシをはじめ、キャベツにつくアオムシ、冬の庭木につくカイガラムシなどにも使えます。 ●すばやい殺虫効果を発揮するとともに、殺虫・殺菌効果が長く持続します(アブラムシで約1ヵ月)。 ●アブラムシ、ハダニ、アオムシ、チャドクガ、チュウレンジハバチ、うどんこ病、黒星病、葉かび病 この商品は "農薬" になります。 都道府県に農薬販売の届出をされた販売店しか販売出来ません。 弊社へ始めて注文をした場合、許可書のFAXを頂いてからの出荷になりますので、予めご了承下さい。 【成分】 エマメクチン安息香酸塩・・・0.00050%(エマメクチンB1a安息香酸塩0.00045%、エマメクチンB1b安息香酸塩0.000050%)、チアメトキサム・・・0.0050%、ジフェノコナゾール・・・0.0050%、界面活性剤、水等・・・99.9895% 【性状】 無色透明液体 【使い方】 そのまま散布する。 【希釈倍数】 原液 【効果・薬害等の注意】 ・日中、高温時、強風時、降雨前の使用は避ける。 ・飲食物、自動車、家具等にかからないようにする。 ・花弁にかからないように注意する。 ・キャベツに使用する場合、結球前の新葉に薬害が生じるおそれがあるので、かからないように注意する。 ・蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にかからないようにする。 ・ミツバチ、マルハナバチに対して強い影響があるので、ミツバチ、マルハナバチにかかることがないよう注意し、朝夕の涼しい時間帯に使用する。 ・容器の洗浄水及び残りの薬液は河川などに流さず、空の容器等は環境に影響を与えないよう適切に処理する。 ・適用作物群に属する作物又はその新品種にはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分に確認してから使用する。 ・有効年月内に使用する。

こちらの関連商品はいかがですか?

日本化薬 殺虫剤 ダイアジノン粒剤5.0% 3kg

Amazon

1,825

日本化薬 殺虫剤 ダイアジノン粒剤5.0% 3kg

ダイアジノン粒剤は畑作物で重要な土壌害虫を中心に各種作物の害虫に対して幅広く利用できます。 ダイアジノン粒剤は適用作物の種類も多く、使いやすい薬剤です。 畑の害虫防除の常備薬として、いつも用意しておきたいコストパフォーマンスに優れた殺虫剤です。 【使用上の注意】 1. 使用量に合わせ秤量し、使い切ること。 2. 畑作物の土壌害虫防除に使用する場合は下記の事項に注意すること。 ・使用薬量は全面処理の場合の薬量であるので、作条処理の場合は処理面積に応じて薬量を減ずること。 ・植付前又は播種前に土壌全面又は作条に処理し、土壌とよく混和すること。なお、タネバエおよびコガネムシ類幼虫に対して作物の生育期に使用する場合は作条処理し軽く覆土すること。 3. とうもろこしのアワノメイガの防除に使用する場合には、できるだけ穂、茎葉にかかるように散布すること。 4. とうもろこし及び飼料用とうもろこしに茎葉散布する場合には、部分的に薬剤が集まると薬害を生じる恐れがあるので、葉の付け根など1ヶ所に固まることのないように均一に散布すること。降雨や朝露などで葉上に水滴があると薬害を助長するので、朝夕や降雨の前後には使用しないこと。 5. 芝のシバツトガ、スジキリヨトウ、シバオサゾウムシの防除に使用する場合、土壌表面、芝表面にまきむらのないように散布すること。 6. ビニールハウス等の同一施設内において、収穫期が異なる作物を栽培している場合、本剤を土壌表面散布で使用しないこと。

日本曹達 殺菌剤 トップジンMペースト 200g

Amazon

1,120

日本曹達 殺菌剤 トップジンMペースト 200g

●病患部を削りとった後の傷口、剪定・整枝・環状はく皮時の切り口などに本剤を塗布すると、耐雨性の安定した殺菌保護被膜がすみやかにでき、 木質部の亀裂、雨水や雑菌の侵入を防ぎ、新しいカルス(ゆ合組織)の形成を著しく促進し、病害の感染を防ぎます。 ●日やけ、凍害、つる直しなどによる傷口に予防的に塗布すると、病原菌の侵入を防ぐことができます。 【使用方法】 ●原液をそのまま塗布してください。(ぶどうの場合は希釈液散布) ●りんご、ふらん病、なし 胴枯病・紅粒がんしゅ病・輪紋病、くり 胴枯病、きり ふらん病の治療に使用する場合は病斑を見つけ次第、病患部を大きめに完全に削りとり、その傷あと及びその周辺に充分に塗布してください。また、剪定・整枝時や環状はく皮等による切り口に予防的に塗布してください。 ●ぶどうに対しては、萌芽後に使用すると生育遅延を生ずるおそれがありますので、必ず萌芽前に使用してください。 ●うり類に使用する場合は、主茎(地ぎわから10~20cm)や病患部に1週間間隔で2~3回塗布してください。この場合、病患部をあらかじめ削りとり、傷口を乾かしてから塗布すると一層効果的です。使用時期は幼苗期をさけ、本畑定植活着後うすめに塗布してください。 ●ぶな丸太の防菌に使用する場合は、伐倒後直ちに(24時間以内)木口に充分塗布してください。 なお、本剤による防菌効果は2ヶ月後までであり、それ以後の効果は期待できないので注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク