メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アオハダ」検索結果。

アオハダの商品検索結果全11件中1~11件目

送料無料
アオハダ 苗木 0.3m程度 【50本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】

グリーンロケット

40,000

アオハダ 苗木 0.3m程度 【50本セット】【送料無料】【6カ月枯れ保証】

※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 アオハダ(青膚) Ilex macropoda モチノキ科モチノキ属 【タイプ】 落葉高木 【鑑賞時期】 花:5月 実:9月 【日照条件】 日向 【場所】 全国 別名:マルバウメモドキ アオハダは木の皮をむくと青い内皮が出てくることからこの名前がつきました。 5月頃に緑白色の花を咲かせ、秋には葉がきれいに黄葉します。 雌雄別の木で雌雄そろえて植えるとメスは9月頃に真っ赤な実をつけます。 育て方 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。日当たりのよい環境〜半日陰まで大丈夫です。 ほとんどつきませんが関西以西はテッポウ虫が入りやすくなりますので注意して下さい。 剪定はほとんど必要ありません。自然と味わいある樹形に整っていきます。 品番 【N1175】 同じ品番の商品はコチラ »

【1年間枯れ保証】【雑木】アオハダ株立ち 2.3m露地 2本セット 【配達指定不可/大型商品/個別送料5600円】

トオヤマグリーン

82,080

【1年間枯れ保証】【雑木】アオハダ株立ち 2.3m露地 2本セット 【配達指定不可/大型商品/個別送料5600円】

→単品はこちらアオハダ 商品一覧0.3m800円/在庫×株立ち2.0m露地32000円/在庫○株立ち2.3m露地38000円/在庫○株立ち2.5m露地42000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモチノキ科モチノキ属の商品イヌツゲイヌツゲ/ゴールデンジェムアオハダイヌツゲ/ヒレリーウメモドキシイモチイヌツゲ/立性黄金葉イヌツゲ/ヒレリー黄金葉クリスマスホーリークロガネモチキンメツゲスカイペンシルサニーフォスターソヨゴタラヨウヒメタラヨウナナミノキアマミヒイラギフウリンウメモドキマメツゲモチノキミヤマウメモドキ【アオハダ】(青膚)読み:あおはだ学名:Ilex macropodaモチノキ科モチノキ属落葉高木別名:マルバウメモドキ【商品情報】アオハダは落葉高木です。北海道から九州に自生しています。10m程度になります。名前の由来は外皮を剥がすと内皮が緑色からきています。明るい山地によく自生しています。5〜6月に緑白色の花をさかせます。秋に小さな赤い果実をつけます。葉は青々とした緑色です。秋には鮮やかに黄葉します。【育て方】日がよく当り適湿な場所を好みます。肥沃な場所を好みます。基本的に剛健であまり手がかからない品種です。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=10m施肥時期=1月剪定時期=1〜2月開花時期=4月果実=10月用途=緑化緑化【その他】アオハダは幹が青い品種です。赤い実は鳥を呼びます。黄葉が美しいです。

【現品発送】アオハダ 株立樹高2.0-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

14,800

【現品発送】アオハダ 株立樹高2.0-2.5m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: AH01(2.5m) 新着! 商品番号: AH02(2.5m) 新着! 商品番号: AH03(2.1m) 新着! 商品番号: AH04(2.3m) 新着! 商品番号: AH05(2.0m) 新着! 商品番号: AH06(2.3m) 新着! 商品番号: AH07(2.5m) [S2]アオハダ(青膚) 〜涼しげな葉姿〜 アオハダは、樹皮は灰白色で薄く、幹をはがすと緑内皮が緑色であることからアオハダ(青膚)と名づけられた。雌雄異株です。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道〜九州 鑑賞ポイントと時期 5〜6月頃 枝先に可愛らしい小さな緑白色の花が束状に咲く 夏頃 柔らかい葉が涼しげな風景を作り出してくれる 秋頃 葉が黄色に紅葉する 実が赤く熟す 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度を落葉時期に行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。

【1年間枯れ保証】【雑木】アオハダ株立ち 2.3m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

トオヤマグリーン

41,040

【1年間枯れ保証】【雑木】アオハダ株立ち 2.3m露地 【配達指定不可/大型商品/個別送料2800円】

→送料無料セットはこちらアオハダ 商品一覧0.3m800円/在庫×株立ち2.0m露地32000円/在庫○株立ち2.3m露地38000円/在庫○株立ち2.5m露地42000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモチノキ科モチノキ属の商品イヌツゲイヌツゲ/ゴールデンジェムアオハダイヌツゲ/ヒレリーウメモドキシイモチイヌツゲ/立性黄金葉イヌツゲ/ヒレリー黄金葉クリスマスホーリークロガネモチキンメツゲスカイペンシルサニーフォスターソヨゴタラヨウヒメタラヨウナナミノキアマミヒイラギフウリンウメモドキマメツゲモチノキミヤマウメモドキ【アオハダ】(青膚)読み:あおはだ学名:Ilex macropodaモチノキ科モチノキ属落葉高木別名:マルバウメモドキ【商品情報】アオハダは落葉高木です。北海道から九州に自生しています。10m程度になります。名前の由来は外皮を剥がすと内皮が緑色からきています。明るい山地によく自生しています。5〜6月に緑白色の花をさかせます。秋に小さな赤い果実をつけます。葉は青々とした緑色です。秋には鮮やかに黄葉します。【育て方】日がよく当り適湿な場所を好みます。肥沃な場所を好みます。基本的に剛健であまり手がかからない品種です。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=卵形最終樹高=10m施肥時期=1月剪定時期=1〜2月開花時期=4月果実=10月用途=緑化緑化【その他】アオハダは幹が青い品種です。赤い実は鳥を呼びます。黄葉が美しいです。

こちらの関連商品はいかがですか?

マンサク株立ち樹高3.0m前後(根鉢含まず)

相馬グリーン

24,300

マンサク株立ち樹高3.0m前後(根鉢含まず)

自社便で配達のため、弊社から半径約30kmが注文可能地域です。 地域外の場合でも、茨城県・千葉県・埼玉県・東京都(離島を除く)については、対応可能な場合もございます。 一度弊社までご相談ください。 大型車両(2トン〜4トン車)が入れない場所は配達不可です。 納品日について、お客様とのご相談が必要となります。 ご注文の際は、必ず連絡の取れるメールアドレスおよびお電話番号をご登録ください。【分類】 マンサク科マンサク属 【特性】 落葉性 【用途】 地植え 【耐暑性】 強い 【耐寒性】 強い 【適地】 北海道南部から沖縄まで 【草丈・樹高】 5〜10m位(環境による) 【開花期】 2〜3月 【花色・葉色】 黄花・緑葉・黄葉あり 【植え付け】 3月・10〜11月 【日照】 半日陰〜日なた(西日が当たらない) 【用土】 赤玉土7:腐葉土3の割合・適度に湿度がある土壌 【水やり】 土の表面が乾いていたらたっぷり水やり 【肥料】 不要 【剪定】 1〜2月・自然樹形でも可 【ポット径】 15〜18cm 【受粉樹】 不要 【病気】 特になし 【害虫】 特になし 【その他】 難易度 低、生長が良すぎる場合は根切りする(株元から50cmの所に1周スコップを突き刺す)

イロハモミジ株立ち樹高2.5m前後(根鉢含まず)

相馬グリーン

25,300

イロハモミジ株立ち樹高2.5m前後(根鉢含まず)

自社便で配達のため、弊社から半径約30kmが注文可能地域です。 地域外の場合でも、茨城県・千葉県・埼玉県・東京都(離島を除く)については、対応可能な場合もございます。 一度弊社までご相談ください。 大型車両(2トン〜4トン車)が入れない場所は配達不可です。 納品日について、お客様とのご相談が必要となります。 ご注文の際は、連絡の取りやすいのメールアドレスおよびお電話番号をご登録ください。【分類】カエデ科カエデ属 【特性】落葉性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】普通 【耐寒性】普通〜強い 【適地】東北南部から沖縄まで 【草丈・樹高】10〜15m位(環境による) 【開花期】4〜5月 【花色・葉色】黄緑花・緑葉・紅葉あり 【植え付け】10〜12月・2〜3月 【日照】半日陰〜日なた(強い西日は避ける) 【用土】赤玉土7:腐葉土3の割合・水はけが良く適度に湿度がある土壌 【水やり】地植えの場合一度根付いたら基本的に不要・鉢植えの場合は最低1日1回・木全体に水をかけて乾燥を防ぐ 【肥料】2月・4〜5月・9〜10月 化成肥料など 【剪定】3〜6月・11〜1月 年2回、風通しを良くし幹に日が当たるように剪定 【受粉樹】不要 【病気】 うどんこ病など 【害虫】 アブラムシ、テッポウムシなど 【その他】難易度 中〜高、日当たりが悪いときれいに紅葉しない

ウリカエデ株立ち樹高2.5m前後(根鉢含まず)

相馬グリーン

23,000

ウリカエデ株立ち樹高2.5m前後(根鉢含まず)

自社便で配達のため、弊社から半径約30kmが注文可能地域です。 地域外の場合でも、茨城県・千葉県・埼玉県・東京都(離島を除く)については、対応可能な場合もございます。 一度弊社までご相談ください。 大型車両(2トン〜4トン車)が入れない場所は配達不可です。 納品日について、お客様とのご相談が必要となります。 ご注文の際は、必ず連絡の取れるメールアドレスおよびお電話番号をご登録ください。【分類】カエデ科カエデ属 【特性】落葉性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】強い 【耐寒性】強い 【適地】東北北部から沖縄まで 【草丈・樹高】3〜5m位(環境による) 【開花期】4〜5月 【花色・葉色】黄花・緑葉・紅葉あり 【植え付け】11〜12月 【日照】半日陰〜日なた(西日が当たらない) 【用土】赤玉土7:腐葉土3の割合・適度な湿度のある肥沃な土壌 【水やり】地植えの場合は根付いてしまえば基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたら水やりする程度 【肥料】落葉後 緩効性化成肥料など 【剪定】12〜2月・自然樹形でも可 【受粉樹】不要 【病気】 うどんこ病、すす病 【害虫】 アブラムシ、テッポウムシ(ゴマダラカミキリ)、ミノムシ、コウモリガなど 【その他】難易度 中、葉の直径は15〜25cm位

ヒメシャラ 株立ち 樹高1.8m前後(樹高/根鉢含む)

Amazon

10,152

ヒメシャラ 株立ち 樹高1.8m前後(樹高/根鉢含む)

シャラノキ(ナツツバキ) ツバキ科 ナツツバキ属 落葉高木 梅雨時に咲く花は涼味満点。しっとりとした風情は洋風の庭にもよく似合う。 梅雨の頃に、花径5~7cm、白色一重の清楚な花を咲かせます。 花は短命な一日花で、淡い緑の葉、灰褐色の樹皮も美しく、 秋の紅葉も味わいがあります。四季の移ろいに敏感で侘び寂びの 趣を重んじる日本人にぴったりの花木と言えるでしょう。 【特徴】樹皮は滑らかで光沢があり、幹がとても美しく有名な樹木です。 シャラノキ日本三大美幹の1種で、秋には美しく紅葉します。 洋風にも和風にも良く合います。 おすすめ品種 ・ヒメシャラ ナツツバキの近品種で高木ですが、葉も花も小さく幹肌が赤みを帯びて美しい品種です。 植え付け 落葉樹なので2~3月上旬、11~12月が適期です。 基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。 日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、 植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。 剪定・管理 シャラやヒメシャラは大きくなるので、剪定は欠かせません。 大きくなってから強く切り詰めると枯れ込みが生じるので、 小さいうちから伸びを抑えていくようにします。枝は途中で切り詰める ことは避け、必ず付け根で切り取ります。自然樹形を損なわない ように不要な枝を抜いていくことが基本です。少し太めの 切り口は保護材を塗って枯れ込みを防ぐのも大切です。 【肥料】 普通の土質であれば施肥の必要はありませんが、痩せ地で生育が 思わしくないようなら、2月と8月下旬に油粕と骨粉を根元に施します。 病害虫 根元にテッポウムシの被害が見られるくらいですが、葉に現れる斑点病などの 予防に6~9月も殺菌剤を散布するのも効果的です。 栽培適地:日本全国(品種で異なる) 開花時期:6月 鑑賞樹高:6~15m...

送料無料
【送料無料】ドウダンツツジ樹高1.2m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

5,480

【送料無料】ドウダンツツジ樹高1.2m前後(根鉢含まず)

樹高は約1.2m前後です(根鉢含まず) 送料は全国一律【送料無料】 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S1.0]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北〜沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬〜5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2〜3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月〜6月頃に剪定を行う。

送料無料
【送料無料】2本セットホンキリシマ(本霧島)樹高0.8m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

11,800

【送料無料】2本セットホンキリシマ(本霧島)樹高0.8m前後(根鉢含まず)

二本セット樹高は約0.8m前後(根鉢含まず) 全国一律【送料無料】 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照くださ)[S1] 【お任せ品】写真と同等商品の発送となりますホンキリシマ(本霧島) 真紅の花 ホンキリシマ(本霧島) ホンキリシマ(本霧島)は、満開時期には枝全体が真っ赤な花におおわれ圧倒されます。強い日差しを避けて、高木の下や半日陰になるような場所に植えて下さい。 分類 植栽適地 常緑低木 南東北〜沖縄 鑑賞ポイントと時期 5月頃 真紅の花を咲かせる 管理のポイント 植えつけ 西日を避け、日向地〜半日陰で、保水性が良く、排水の良い土壌を好みます。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(緩効性化成肥料)、花後の6月頃にお礼肥(緩効性化成肥料)、及び9月頃に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 花後すぐの時期に、生垣やグランドカバー等、用途に応じて刈り込んで樹形を整えてあげて下さい。遅れると来年の花つきが悪くなる。 花後の管理 植木が弱るのを防ぐ為に、花後、花がらを摘み取る。摘み取っておくと、来年の開花も良くなる。

イヌマキ樹高2.5m前後(根鉢含まず)

相馬グリーン

24,600

イヌマキ樹高2.5m前後(根鉢含まず)

自社便で配達のため、弊社から半径約30kmが注文可能地域です。 地域外の場合でも、茨城県・千葉県・埼玉県・東京都(離島を除く)については、対応可能な場合もございます。 一度弊社までご相談ください。 大型車両(2トン〜4トン車)が入れない場所は配達不可です。 納品日について、お客様とのご相談が必要となります。 ご注文の際は、必ず連絡の取れるメールアドレスおよびお電話番号をご登録ください。【分類】マキ科マキ属 【特性】常緑性 【用途】地植え・鉢植え(室内不可) 【耐暑性】強い 【耐寒性】強い 【適地】関東から沖縄まで 【草丈・樹高】15〜20m位(環境による) 【開花期】5〜6月 【花色・葉色】黄花・緑葉 【植え付け】4〜6月・9月 【日照】日陰〜日なた(西日が当たらない) 【用土】赤玉土2:腐葉土1の割合・水はけの良い土壌 【水やり】植え付けから2年は土の表面が乾いていたらたっぷり水やり・地植えの場合一度根付いたら基本的に不要・鉢植えの場合は土が乾いていたら水やりする程度 【肥料】2〜3月 有機肥や緩効性化成肥料など 【剪定】3〜10月 【植栽数】 生垣にする場合は80cm程度の間隔で植え付け 【受粉樹】雌雄異株(指定不可) 【病気】 ペスタロチア病、すす病など 【害虫】 マキシンハアブラムシ、チャハマキ、ドウガネブイブイなど 【その他】難易度 低、植え付ける際は深植えにしない

モクレン/紫花 樹高2.0m前後(樹高/根鉢含む)

Amazon

11,880

モクレン/紫花 樹高2.0m前後(樹高/根鉢含む)

モクレン(木蓮) モクレン科 モクレン属 落葉高木 おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木 モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、 花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。 一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。 大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、 また鉢植えでも十分に育てることができます。 【代表的な品種】 ハクモクレン 白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。 シモクレン 株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。 【モクレンの特徴】 春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。 大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。 植え付け 落葉樹なので12~3月上旬まで行えます。 基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。 半日陰~日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、 植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。 モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を 崩さないようにして植えつけるのがコツです。 剪定・管理 整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1~2月に行います。 樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。 【肥料】 肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ 混ぜたものを施します。 病害虫 殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を 散布しておくと効果的です。 栽培適地:北海道南部以南 開花時期:3~5月 鑑賞樹高:6~10m 施肥時期:2月と9月 用途:シンボルツリー・庭木・景観樹・花木

モッコク 樹高2.0m前後(樹高/根鉢含む)

Amazon

16,200

モッコク 樹高2.0m前後(樹高/根鉢含む)

モッコク(別名:ポッポユス) ツバキ科 モツコク属 常緑高木 美しい照り葉と秋の果実が見事!庭木の王様と呼ばれてきた名木。 モッコクは庭木の王と呼ばれてきた名木で樹齢を経るにつれ品格がまします。 昔はモチノキ、モクセイと共に庭づくりに欠かせない樹種のひとつでした。 へら状の葉は光沢のある厚革質で枝先に輪正状の互生し、 秋の果実も鑑賞の価値の高いです。日本庭園で見かける仕立て樹形の イメージが強いですが、仕立て次第では洋風のお庭にもよくマッチします。 また、剪定にも強く、よく芽吹くので狭い場所でも十分に生育します。 潮風にも耐え、また大気汚染に強いのも長所です。やや寒さに弱い樹種ですが、 関東地方以西なら問題なく育ちます。 植え付け 4~5月中旬くらいまでが適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。 風通しと日当たりがよく、水はけがよい場所を好みます。 植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。 植え付けの際には根鉢を崩さないように気をつけます。 植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。 剪定・管理 剪定は6月下旬~7月と12月に行います。丁寧に行う場合は輪生する 小枝を間引き、残した枝も1枚ずつ切り詰めていきますが刈り込みの可能です。 肥料は2月と8月下旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。 病害虫 風通しが悪いとカイガラムシ、夏~秋にハマキムシ、 またすす病が見られる場合があるので的確に駆除します。 栽培適地:九州~関東以南 開花時期:6~7月 果実熟期:10~11月 鑑賞樹高:5~12m 施肥時期:2月と8月 用途:人気・シンボルツリー

モッコク 樹高1.8m前後(樹高/根鉢含む)

Amazon

12,744

モッコク 樹高1.8m前後(樹高/根鉢含む)

モッコク(別名:ポッポユス) ツバキ科 モツコク属 常緑高木 美しい照り葉と秋の果実が見事!庭木の王様と呼ばれてきた名木。 モッコクは庭木の王と呼ばれてきた名木で樹齢を経るにつれ品格がまします。 昔はモチノキ、モクセイと共に庭づくりに欠かせない樹種のひとつでした。 へら状の葉は光沢のある厚革質で枝先に輪正状の互生し、 秋の果実も鑑賞の価値の高いです。日本庭園で見かける仕立て樹形の イメージが強いですが、仕立て次第では洋風のお庭にもよくマッチします。 また、剪定にも強く、よく芽吹くので狭い場所でも十分に生育します。 潮風にも耐え、また大気汚染に強いのも長所です。やや寒さに弱い樹種ですが、 関東地方以西なら問題なく育ちます。 植え付け 4~5月中旬くらいまでが適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。 風通しと日当たりがよく、水はけがよい場所を好みます。 植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。 植え付けの際には根鉢を崩さないように気をつけます。 植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。 剪定・管理 剪定は6月下旬~7月と12月に行います。丁寧に行う場合は輪生する 小枝を間引き、残した枝も1枚ずつ切り詰めていきますが刈り込みの可能です。 肥料は2月と8月下旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。 病害虫 風通しが悪いとカイガラムシ、夏~秋にハマキムシ、 またすす病が見られる場合があるので的確に駆除します。 栽培適地:九州~関東以南 開花時期:6~7月 果実熟期:10~11月 鑑賞樹高:5~12m 施肥時期:2月と8月 用途:人気・シンボルツリー

シラキ 単木 樹高1.8m前後(樹高/根鉢含む)

Amazon

12,938

シラキ 単木 樹高1.8m前後(樹高/根鉢含む)

シラキ(白木) トウダイグサ科 シラキ属 落葉高木 雑木ブームの中で特に人気の樹種。 見ごたえのある紅葉が、雑木林の風情を醸す。 シラキは紅葉の美しい樹種として近年の雑木ブームで一般家庭にも脚光を 浴びるようになりましたが、一部では昔から人気ある樹種でした。 秋の黄~紅葉はとても見応えがあり、種子にも個性があります。 樹形は自然樹形で形は定まりませんが雑木林独特の雰囲気があります。 幹はすべすべして白いことから「シラキ」の名前がついていますが、 樹皮に傷をつけると白い乳液が出ます。油分の多い樹木のために 材木は細工物や薪炭材に利用されています。 雑木らしい樹の風情を楽しむため、自然風の植栽に。 紅葉が秋の彩りとして効果的な樹木です。 植え付け 日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みますが日陰でも生育します。 ※直射日光が津強いと葉が黒く焼けてしまう場合があります。 土質は選びませんが、出来れば植え穴に大きめに掘り、 腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせます。 剪定・管理 剪定は6~7月、10~11月に行います。強い刈り込みにも耐えまが、 放任しても自然な樹形でまとまります。雑木らしさを活かすために 剪定は枝抜き程度で常にやわらかい樹形を保って下さい。 施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを2月と8月頃に与えます。 ※肥料が少ないと葉が黄色く変色する場合があります。 病害虫 病害虫は殆どみられず、管理は容易です。 栽培適地:日本全国 開花時期:5~7月 果実時期:10~11月 鑑賞樹高:2~10m 施肥時期:2月と8月 用途:シンボルツリー・庭木・雑木

コハウチワカエデ 株立ち H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

15,300

コハウチワカエデ 株立ち H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 コハウチワカエデ コハウチワカエデの特徴 野趣あふれる樹形と紅葉が魅力! コハウチワカエデの葉はハウチワカエデの半分程度と小さいのでこう呼ばれます。 別名のイタヤメイゲツのイタヤは、葉がイタヤカエデと同様に、板で葺いた屋根のように向こうが見えないほど、びっしりと生い茂り、美しい丸い葉を月に見立てたものだそうです。 葉は3つ〜9つ、多くは5つ〜7つに分かれて、裂片の先は細長く尾状にとがっているのが特徴です。 コハウチワカエデを使ったお庭 見ごろカレンダー 4月 5月 10月 11月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 花期は4月〜5月、葉の展開に先駆けて開花しはじめます。 1つ1つの花の直径は5mm程度のもので黄緑色で春の景色によく似合う色合いです。 雄花と両性花が同じ株につく雌雄同株。秋の紅葉は赤ではなく、美しく鮮やかな黄葉です。 育てやすさチャート(推奨エリア:関東以北) ■植木のプロからのアドバイス コハウチワカエデの育て方 植えつけ環境 水はけの良い、肥沃な土壌に植えてください。 日当たりを好みますが、乾燥に弱く、耐陰性があることから半日陰が適しています。 日当たりが悪くなるにつれ、葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。 肥料 肥料は開花前に寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。 植えつけ時期 基本的に移植や植え付けは10月〜入梅までに行います。 寒冷地では12月...

アズキナシ 株立ち H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

11,100

アズキナシ 株立ち H2.0〜2.4m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 アズキナシ アズキナシの特徴 葉の規則正しい波状構造が特徴! アズキナシは北海道から九州に分布する落葉の高木です。 温度的には、ブナ帯の下部から低山帯まで広く生育します。 高木といってもあまり高くはならないので、何らかの攪乱があったような場所に生育することが多いです。 アズキナシの特徴は、葉に規則正しい波状の構造があることです。 アズキナシは「はかりのめ」という別名を持っており、等間隔の側脈が、物差しの目盛りをイメージさせることから名づけられました。 白い花、秋には実がなります。秋には黄色く紅葉し、実は小豆くらいの大きさで冬に赤い実が残ります。 アズキナシを使ったお庭 見ごろカレンダー 5月 6月 7月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 育てやすさチャート(推奨エリア:関西以北) ■植木のプロからのアドバイス アズキナシの育て方 植えつけ環境 北海道から九州で自生するので、日本中どこでも育つ。 日当たりは良いほうが好ましいが、半日陰でも可能。 肥料 肥沃な土を好みます。 二月に寒肥として緩効性肥料をあげます。 植えつけ時期 害虫・消毒など 剪定方法 落葉時期に剪定をします。 アズキナシは放置していても、ホウキをひっくり返したような綺麗な樹形になりますから、基本的に剪定は「邪魔な枝」を落とす程度に抑えます。

送料無料
【送料無料】トキワマンサク(赤葉紅花常盤満作) 樹高0.8m前後 10本セット(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

10,000

【送料無料】トキワマンサク(赤葉紅花常盤満作) 樹高0.8m前後 10本セット(根鉢含まず)

10本で1セットとなります。 樹高は、株元から約0.8m前後です 根鉢を含めて1.0mくらいです 全国一律で送料無料 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) [S0]トキワマンサク(常盤満作) ☆可愛らしい花☆ トキワマンサク(常盤満作)は、庭のシンボルツリー、生垣などに利用されていてリボンのような、一風変わった花が咲く。満開の時期には、樹をおおうように花が咲き乱れる。洋風の低い生垣や植え込み、花壇の縁取りなどに利用出来る。 分類 植栽適地 半常緑低木 関東南〜沖縄 種類 ベニバナトキワマンサク(紅花常盤満作) 鮮やかな紅色のリボンの様な花を咲かせる シロバナトキワマンサク(白花常盤満作) 白色のリボンの様な花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 4〜5月頃 一風変わった可愛い花を咲かせる 管理のポイント 植えつけ 日向地を好むが、半日陰でもよく育つ。水はけのよい土質を好みますので、乾燥気味の土壌では堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 6月頃と9月頃に追肥(緩効性化成肥料)、2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 生垣は、年に数回刈り込んであげると、密で非常に綺麗な生垣を維持することが出来る。花後か、2〜3月上旬に伸びすぎた枝は切り詰め、刈り込んであげて下さい。

送料無料
【送料無料】二本セット ベニサラサドウダンツツジ(紅更紗ドウダン)樹高1.0m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

5,780

【送料無料】二本セット ベニサラサドウダンツツジ(紅更紗ドウダン)樹高1.0m前後(根鉢含まず)

樹高1.0m前後(根鉢含まず) 落葉樹ですので、冬場は葉がありません。 【送料無料】 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) [S0]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北〜沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬〜5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2〜3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月〜6月頃に剪定を行う。

サルスベリ “ナツマツリ” 樹高0.8〜0.9m前後(樹高/根鉢含む)【夏を代表する花木】

ガーデンタウン

4,320

サルスベリ “ナツマツリ” 樹高0.8〜0.9m前後(樹高/根鉢含む)【夏を代表する花木】

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5〜10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われています。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部〜亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2〜3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

【現品発送】オリーブの木(ミッション) 樹高2.1-2.6m(根鉢含まず)8号地中ポット

ぐりーんぐりーん

14,800

【現品発送】オリーブの木(ミッション) 樹高2.1-2.6m(根鉢含まず)8号地中ポット

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ※オリーブは根を痛めると弱りやすいですが、この商品は8号(24cm)地中ポットの商品となりますので安心です。 ポットを外して鉢か地面に植え付けてください。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: MS21(2.2m) 新着! 商品番号: MS22(2.2m) 新着! 商品番号: MS23(2.5m) 新着! 商品番号: MS24(2.4m) 新着! 商品番号: MS25(2.2m) 新着! 商品番号: MS26(2.1m) 新着! 商品番号: MS27(2.2m) 新着! 商品番号: MS28(2.3m) 新着! 商品番号: MS29(2.1m) 新着! 商品番号: MS30(2.3m) 新着! 商品番号: MS31(2.2m) [S1.5、2.0]オリーブ 地中海の雰囲気 オリーブ(ミッション) オリーブ(ネバディロ・ブランコ) 運がよければ、ハート葉が見つかるかも! オリーブ(ハート葉) オリーブは、葉表は濃緑、葉裏は白と、お庭に植えて頂くととても目立ちます。春の新芽の時期には、萌芽力が強くとても綺麗。自家受粉しないものがほとんどの為、実をつける為には開花時期の近い2品種植えつけてあげるとよい。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜沖縄(日本海側を除く) 種類 フラントイオ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、開帳性。 ネバディロ・ブランコ スペイン系のオイル用の品種。花粉が多く、花の時期が長いので受粉樹として適している。 ミッション カリフォルニア州で発見された、スペイン系の品種。直立性で樹形が整いやすい。 モライオロ イタリア系のオイル用の品種...

送料無料
【送料無料】玉ドウダンツツジ(白花)樹高0.5m幅0.5m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

6,980

【送料無料】玉ドウダンツツジ(白花)樹高0.5m幅0.5m前後(根鉢含まず)

樹高は約0.5m前後 幅0.5m前後です(根鉢含まず) 全国送料無料です。 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S1.0]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北〜沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬〜5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2〜3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月〜6月頃に剪定を行う。

イロハモミジ株立 樹高2.0m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

14,800

イロハモミジ株立 樹高2.0m(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

樹高は、約2.0mです(根鉢含まず) 株立です 送料は全国一律2800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S2]モミジ・カエデ 紅葉の美しさは一番 モミジ(新緑) モミジ(紅葉) 野村モミジ ハナカエデ(新緑) ハナカエデ(紅葉) “モミジ”は、春の新緑、夏の緑陰と葉影、秋の紅葉と四季を通して庭を楽しませてくれます。4〜5月、葉が出ると同時に暗赤色の小さな花が、たれさがって咲く。 “カエデ”は、春から秋まで楽しめる伝統的なカラーリーフツリーです。園芸種により、赤、黄、オレンジ、複色など多彩な色を楽しむ事が出来る。春の新芽の時期も、紅葉と同様にとても美しく魅力の一つです。庭の彩りとして植栽したい植木の一つです。サトウカエデは、カナダの国旗にも使われています。 分類 植栽適地 落葉高木 北海道〜九州 鑑賞ポイントと時期 春頃 新緑の時期には、紅葉と同様に魅力的 秋頃 緑色だった葉が深い黄色や赤色に色づいていく様子は、大変美しい 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。美しい紅葉を楽しむ為には、日当たりがいい所に植えつけてあげる。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。紅葉を楽しみたい場合は、肥料分が秋まで残らないようにする。6月末以降は肥料を与えない。あまり肥料を与えすぎると綺麗な紅葉になりません。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、落葉後(10月下旬〜12月頃)に、樹形を乱している枝や混みすぎた部分をまびきする...

赤シダレモミジ 樹高1.2m前後(樹高/根鉢含む) 枝垂れ 紅葉 もみじ

ガーデンタウン

6,480

赤シダレモミジ 樹高1.2m前後(樹高/根鉢含む) 枝垂れ 紅葉 もみじ

赤しだれモミジ カエデ科 カエデ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 落葉期 紅葉時期 10月〜11月 紅葉の色 紅色 施肥時期 1月〜2月・6月 最終樹高 3〜5m 肥料 化成肥料or腐葉土or堆肥 用 途 シンボルツリー・庭木 樹木の特徴 日本の秋を彩るモミジ。誰もが知っている秋の代表的な樹木 もみじは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。 また、秋に紅葉する代表的な樹木です。 モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く 黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。 赤シダレモミジは紅葉が赤く、独特な樹形をしています。風情ある姿で和風庭園にも大変お勧めです。数量限定ですのでお早めに★ 植え付け 植え付けは落葉時期に行います。真夏の植栽は避けましょう。 日陰でも育ちますが紅葉しない可能性が御座いますので、出来るだけ日なた又は半日陰の場所に植えます。日中と夜の気温差が大きいとより綺麗な紅葉を楽しむことが出来ます。 剪定・管理 枝が密集する前までは剪定は不要です。枝が茂ってきましたら、剪定は落葉時期に行います。枝が密集していると葉が蒸れて風通しが悪くなります。 剪定時は、枝垂れている本枝の下に伸びる枝を切ります。間引くイメージで剪定されると良いです。 四季の管理 夏場に葉が焼けると綺麗に紅葉しません。9月に芽吹きますので...

ハナミズキ 赤花 樹高1.5m前後(樹高/根鉢含む) アメリカヤマボウシ

Amazon

7,560

ハナミズキ 赤花 樹高1.5m前後(樹高/根鉢含む) アメリカヤマボウシ

ハナミズキ(花水木) ミズキ科 ミズキ属 落葉高木 別名:アメリカヤマボウシ 鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。 樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。 毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。 花つきが良く最も有名で人気のある花木です。 花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪ 【おすすめの品種】 クラウド・ナイン 白花で大輪の花が咲く品種です。 サンセット 芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。 オオシマザクラ(大島桜) 房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。 シダレザクラ(枝垂れ桜) エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。 チェロキー・チーフ 大輪の花が咲く、赤花の代表種です。 植え付け 植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。 日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し 土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。 剪定・管理 剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。 長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。 肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。 病害虫 うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので 発生次第、早めに駆除します。 栽培適地:東北以南 開花時期:4~5月 鑑賞樹高:4~7m 施肥時期:1月と8月 用途:シンボルツリー・庭木・花木

ハナミズキ 白花 樹高1.5m前後(樹高/根鉢含む) アメリカヤマボウシ

Amazon

7,560

ハナミズキ 白花 樹高1.5m前後(樹高/根鉢含む) アメリカヤマボウシ

ハナミズキ(花水木) ミズキ科 ミズキ属 落葉高木 別名:アメリカヤマボウシ 鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。 樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。 毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。 花つきが良く最も有名で人気のある花木です。 花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪ 【おすすめの品種】 クラウド・ナイン 白花で大輪の花が咲く品種です。 サンセット 芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。 オオシマザクラ(大島桜) 房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。 シダレザクラ(枝垂れ桜) エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。 チェロキー・チーフ 大輪の花が咲く、赤花の代表種です。 植え付け 植え付けは12~2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。 日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し 土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。 剪定・管理 剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12~1月に行います。 長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。 肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。 病害虫 うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので 発生次第、早めに駆除します。 栽培適地:東北以南 開花時期:4~5月 鑑賞樹高:4~7m 施肥時期:1月と8月 用途:シンボルツリー・庭木・花木

ナツツバキ(シャラノキ)株立ち H2.5〜2.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

16,300

ナツツバキ(シャラノキ)株立ち H2.5〜2.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 ナツツバキ ナツツバキの特徴 凛とした立ち姿が美しいシンボルツリー! 夏にツバキに似た形の花をつけることからこの名前がつきました。 別名シャラノキといいます。 新緑、花、樹形、実、紅葉が楽しめる昔からシンボルツリーとして人気の高い木で法隆寺の和歌の一文にもなっています。 樹皮が成長とともにはがれるのが特徴です。 ナツツバキを使ったお庭 見ごろカレンダー 6月 7月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 6月の梅雨時期に椿のような可憐な花をたくさん付け、秋には実と紅葉を楽しめます。 紅葉はオレンジ色に染まり、とても綺麗です。 育てやすさチャート(推奨エリア:関西以北) 暑い夏の西日を嫌います。 ■植木のプロからのアドバイス 樹形は真っ直ぐに伸び、ほとんど剪定をしなくても綺麗に整っていきます。 花も見栄えのする綺麗な花を咲かします。但し、暑い夏の西日を嫌いますので植える場所には気をつけて下さい。 ナツツバキの育て方 植えつけ環境 水はけのよい肥沃な土壌に植えます。 土壌が心配な場合は、掘り上げた土に対して5割〜9割程度、黒土か赤玉土を混ぜ込み、合わせて腐葉土かバーク堆肥を1割程度をすきこみます。 日当たりが良いところが適していますが、半日陰でも問題はありません。 ほとんど日の当たらない日陰は花のつきが悪くなるので避けましょう。 乾燥にあまり強くないので西日の当たる場所も避けて下さい。 肥料...

シラキ 単木 樹高1.5m前後(樹高/根鉢含む)

Amazon

10,800

シラキ 単木 樹高1.5m前後(樹高/根鉢含む)

シラキ(白木) トウダイグサ科 シラキ属 落葉高木 雑木ブームの中で特に人気の樹種。 見ごたえのある紅葉が、雑木林の風情を醸す。 シラキは紅葉の美しい樹種として近年の雑木ブームで一般家庭にも脚光を 浴びるようになりましたが、一部では昔から人気ある樹種でした。 秋の黄~紅葉はとても見応えがあり、種子にも個性があります。 樹形は自然樹形で形は定まりませんが雑木林独特の雰囲気があります。 幹はすべすべして白いことから「シラキ」の名前がついていますが、 樹皮に傷をつけると白い乳液が出ます。油分の多い樹木のために 材木は細工物や薪炭材に利用されています。 雑木らしい樹の風情を楽しむため、自然風の植栽に。 紅葉が秋の彩りとして効果的な樹木です。 植え付け 日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みますが日陰でも生育します。 ※直射日光が津強いと葉が黒く焼けてしまう場合があります。 土質は選びませんが、出来れば植え穴に大きめに掘り、 腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせます。 剪定・管理 剪定は6~7月、10~11月に行います。強い刈り込みにも耐えまが、 放任しても自然な樹形でまとまります。雑木らしさを活かすために 剪定は枝抜き程度で常にやわらかい樹形を保って下さい。 施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを2月と8月頃に与えます。 ※肥料が少ないと葉が黄色く変色する場合があります。 病害虫 病害虫は殆どみられず、管理は容易です。 栽培適地:日本全国 開花時期:5~7月 果実時期:10~11月 鑑賞樹高:2~10m 施肥時期:2月と8月 用途:シンボルツリー・庭木・雑木

ツリバナ 株立ち H1.5〜1.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

植木・庭木販売GG(ジージー)

13,300

ツリバナ 株立ち H1.5〜1.9m程度(根鉢含まず)シンボルツリーに最適な落葉樹【現品発送】

◎送料:全国一律2800円 ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 【現品発送】お好きな現品をお選びいただけます 下の写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 お好みの樹形の品番を確認し上のチェックボックスにチェックを入れてご注文下さい。 現品ラインナップ ※木の状態は季節により変化いたします。 ツリバナ ツリバナの特徴 吊るされたような花と実が特徴! 春は花、秋は実と紅葉が楽しめ、冬は落葉します。 ツリバナは四季を感じられる木です。 剪定もそれほどする必要ではないし、病気や虫も少ないので、日本庭園に利用されます。 真夏の水やりさえ怠らなければ、育てるのは簡単です。 ツリバナを使ったお庭 見ごろカレンダー 5月 6月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 秋には裂けると真っ赤な綺麗な実がなります。 ツリバナは花よりも実に観賞価値のある植物です。 育てやすさチャート(推奨エリア:関東以北) ■植木のプロからのアドバイス ツリバナの育て方 植えつけ環境 日当たりよりも、半日陰を好みます。 水もちの良い環境を好みます。 極端に水はけがよすぎて、すぐに乾燥したり、西日があたって乾燥するよう場所は避けてください。 肥料 2月の真冬に根元へ肥料を混ぜ込んでやります。 植えつけ時期 植え付けの適した時期は落葉時期の秋から春までです。 害虫・消毒など テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)の侵入に気をつけて下さい。 根回りにオルトラン粒剤をまいておくと防虫効果があります。 剪定方法 ツリバナの剪定は落葉時期に、邪魔な枝を取り払うようにします。

ハイノキ 株立ち樹高1.8m前後 灰木

Amazon

16,200

ハイノキ 株立ち樹高1.8m前後 灰木

ハイノキ(別名:イノコシバ) ハイノキ科 ハイノキ属 常緑高木 魅力的な野生味のある樹。明るい白花が魅力のハイノキ 樹を燃やすと灰が厚く残り、染物の媒染剤に用いたのが名の由来。 ハイノキは薄暗い林内を明るくする春の花が一番の見所です。 白い小花が枝先に群がってつき、株全体が花に覆われたかのようになります。 細かい枝に常緑で小形の葉がつき、花がなくとも趣があります。 庭園のポイントツリーや景観樹としてよく利用されます。 自然樹形を楽しめる樹として洋風にも和風にもよく合います♪ 植え付け 植え付けは、4~6月が適期ですが、真夏を除いて年中植えつけは可能です。 風通しと日陰~日当たりで、水はけが良い肥沃な場所を好みます。 乾燥に弱いので日陰~半日陰の場所がおすすめです。日陰では葉の色が緑色になり、 逆に日が当たりすぎる場所では、葉が薄くなったり変色します。 剪定・管理 耐寒性が弱いので九州地方~関東以南での庭植えは可能ですが、 寒さの厳しい地方では、枝先が痛み十分に花が楽しめない場合があります。 剪定は、野生味があり自然樹形を活かす為、剪定は枝抜き程度で抑えます。 肥料は1~2月に、油粕と骨粉を等量混ぜたものを施します。 病害虫 比較的、病害虫の少ない木ですが、まれにアブラムシが付く場合があります 四季の管理 病害虫にも強く、剪定も必要ないので手間が殆どかかりません。 自然のままの樹形と花を楽しみたい樹種です! 栽培適地:九州~東北 開花時期:4~5月 鑑賞樹高:2~6m 施肥時期:1~2月 用途:シンボルツリー・花木・景観樹

ハナミズキ(ホワイトラブ)樹高2.5m前後(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

ぐりーんぐりーん

15,800

ハナミズキ(ホワイトラブ)樹高2.5m前後(根鉢含まず)【大型商品・配達日時指定不可】

樹高は、約2.5m前後です(根鉢含まず) 送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【お任せ品】写真と同等商品の発送となります [S3]ハナミズキ 自然な樹形と清楚な花 アップルブロッサム チェロキーサンセット ディブレイク クラウドナイン アルバプレナ レインボー 赤い実 ハナミズキは、とても丈夫で育てやすく、成長が遅いのでシンボルツリーとして人気があります。花色、葉色のバラエティも多彩で、秋には紅葉する葉と真っ赤な実と、四季を通して十分に楽しむことが出来ます。暖地でも美しく紅葉します。白花やピンク、紅色と多数の品種があります。 耐寒性、耐暑性があります。 分類 植栽適地 落葉高木 南北海道〜沖縄 種類 アップルブロッサム ピンク系の大輪種で、花姿がよいことで人気がある。 アルバプレナ(ダブルホワイト) 白花種。大変珍しい八重咲きとなる品種。 クラウドナイン 白花種の代表的品種。純白の大輪花で花つきがよい。 ジュニアミス 花弁の外側がピンク色で、中心が白色の花を咲かせる大輪種。 ステラピンク ハナミズキとヤマボウシの交配種です。ハナミズキとヤマボウシの長所を兼ね備えた大輪花です。耐寒性、耐病性に優れている。 チェロキーサンセット 斑入りの紅花種。葉は芽出しどきは赤く、5月頃斑入りの黄金色となり、夏まで楽しめる。秋にはトリカラーの紅葉が美しい。 ディブレイク 斑入りの白花種。葉は芽出しどきは黄緑色で、5月頃斑入りの黄金色となり、紅葉時は銅葉色。 レインボー 黄金斑入りの白花種。葉は芽出しどきは黄緑色で、5月頃斑入りの黄金色、紅葉時も綺麗です。 鑑賞ポイントと時期 4月〜5月頃 枝一面に花を咲かせる 秋頃 紅葉と真っ赤な実 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 冬頃...

送料無料
モミノキ(ウラジロモミ) 樹高0.9〜1.0m前後(樹高/根鉢含む)(送料無料) もみの木 クリスマス ツリー プレゼント 贈り物 本物

ガーデンタウン

8,100

モミノキ(ウラジロモミ) 樹高0.9〜1.0m前後(樹高/根鉢含む)(送料無料) もみの木 クリスマス ツリー プレゼント 贈り物 本物

ウラジロモミ(マツ科 モミ属 常緑針葉樹)  ウラジロモミとは日本固有種のモミで、日本の気候によく合い 耐久性に優れ病害虫もつきにくく、比較的育てやすい樹種とされています。 ウラジロと言われるのは葉の裏に白いスジがある為です! モミはドイツトウヒに比べると樹性がしっかりしており高級感を感じられます。 生木は作り物と違い毎年大きくなります! 手元に届いたその日からモミノキと過ごす日々をお楽しみいただけます? 生木は管理が管理が大変・・・ そうです。作り物と違い管理が必要です。 どの樹木にもいえることですがしっかり管理していただかないと 生き物ですので枯れてしまいます(泣) 育て方が分からない・・・ 水の管理など、しっかりポイントを押さえていただけると大丈夫です! 育て方のポイントも紹介いたします★ 手がかかる生木だからこそ、育っていく様子を見ると嬉しくありませんか? ウラジロモミはこんな植物 モミノキは樹高40mにもなる常緑高木で、樹皮は茶色くて硬く、葉も先端は針状に細く尖ります。クリスマスツリーには、一般的にモミノキ、ドイツトウヒなどが有名で、ヨーロッパ地方ではトウヒが主に使用されています。日本特有種のモミノキは日本の気候に良く合い、耐久性に優れ病害虫も付きにくく、比較的育てやすい樹木です。 地植えでも鉢植えでもどちらでも楽しむことが出来ます。将来的に大きくなるので、スペースのある場所に植えます。鉢植えする場合はなるべく大きめの植木鉢を準備します。 ●鉢の大きさの目安● ・1.0〜1.2m前後 直径40cm以上 ・1.5〜1.8m前後 直径50cm以上 ・2.0m 直径60cm以上 植え付けは11月〜3月が適期です。暑さに弱いので真夏の植栽は避けてください。 風通しが良く、半日陰〜日なたで水はけが良い肥沃な場所を好みます。...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク