メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アオダモ」検索結果。

アオダモの商品検索結果全22件中1~22件目

【1年間枯れ保証】【雑木】アオダモ単木 2.5m露地 2本セット 【配達指定不可/大型商品/個別送料5600円】

トオヤマグリーン

38,880

【1年間枯れ保証】【雑木】アオダモ単木 2.5m露地 2本セット 【配達指定不可/大型商品/個別送料5600円】

→単品はこちらアオダモ 商品一覧0.2m800円/在庫○0.5m10.5cmポット1200円/在庫○0.8m10.5cmポット1600円/在庫○単木1.0m露地5000円/在庫○単木1.2m露地6000円/在庫○単木1.5m露地7000円/在庫○単木1.7m露地8000円/在庫○単木2.5m露地18000円/在庫○株立ち1.0m露地8000円/在庫○株立ち2.0m露地12000円/在庫○株立ち2.3m露地24000円/在庫○株立ち2.5m露地26000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科トネリコ属の商品アオダモヤマトアオダモシマトネリコシオジホワイトアッシュマルバアオダモヤチダモ【アオダモ】(青?)読み:あおだも学名:Fraxinus lanuginosa f. serrataモクセイ科トネリコ属落葉高木別名:コバノトネリコ、アオタゴ【商品情報】アオダモは落葉高木です。北海道から九州まで自生しています。木製バットの材料として有名で各地で植樹されています。4月から5月にかけて白い小花をたくさん咲かせます。成長に時間がかかり成木になるまではかなりの時間を要します。幹には白い斑点模様ができます。【育て方】日向地で、排水のよい土壌を好みます。落葉後に寒肥を与えます。強剪定は避け伸びすぎたり邪魔な枝を落葉後に軽く行い樹形を整えていきます。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=ホウキ型最終樹高=10〜15m施肥時期=1月剪定時期=1〜2月開花時期=4月果実=10月用途=街路樹or緑化緑化orシンボルツリーor雑木【その他】アオダモはバットの木として有名です。全国各地で植樹が進められています。庭木としても人気があります。

【1年間枯れ保証】【雑木】アオダモ単木 1.5m露地 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

7,560

【1年間枯れ保証】【雑木】アオダモ単木 1.5m露地 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらアオダモ 商品一覧0.2m800円/在庫○0.5m10.5cmポット1200円/在庫○0.8m10.5cmポット1600円/在庫○単木1.0m露地5000円/在庫○単木1.2m露地6000円/在庫○単木1.5m露地7000円/在庫○単木1.7m露地8000円/在庫○単木2.5m露地18000円/在庫○株立ち1.0m露地8000円/在庫○株立ち2.0m露地12000円/在庫○株立ち2.3m露地24000円/在庫○株立ち2.5m露地26000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じモクセイ科トネリコ属の商品アオダモヤマトアオダモシマトネリコシオジホワイトアッシュマルバアオダモヤチダモ【アオダモ】(青?)読み:あおだも学名:Fraxinus lanuginosa f. serrataモクセイ科トネリコ属落葉高木別名:コバノトネリコ、アオタゴ【商品情報】アオダモは落葉高木です。北海道から九州まで自生しています。木製バットの材料として有名で各地で植樹されています。4月から5月にかけて白い小花をたくさん咲かせます。成長に時間がかかり成木になるまではかなりの時間を要します。幹には白い斑点模様ができます。【育て方】日向地で、排水のよい土壌を好みます。落葉後に寒肥を与えます。強剪定は避け伸びすぎたり邪魔な枝を落葉後に軽く行い樹形を整えていきます。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=ホウキ型最終樹高=10〜15m施肥時期=1月剪定時期=1〜2月開花時期=4月果実=10月用途=街路樹or緑化緑化orシンボルツリーor雑木【その他】アオダモはバットの木として有名です。全国各地で植樹が進められています。庭木としても人気があります。

アオダモ 株立 樹高 H:3000mm 【RCP】 05P03Dec16

GRANDY

39,031

アオダモ 株立 樹高 H:3000mm 【RCP】 05P03Dec16

※ 写真は見本です。植物ですので個体差があります。 ※ 時期により画像にあります花や実・葉などが少ないまたは、ない場合があります。 ※ 沖縄および離島の場合は、別途中継料金がかかる場合があります。アオダモ (モクセイ科 トネリコ属 落葉広葉樹) 別名:コバノトネリコ、アオダコとも呼ばれています。 春には小さな花が咲き、秋には実をつけます。 アオダモは野球のバットに利用されることで有名です。 最終樹高は、15m程です。本州、四国、九州での栽培が可能です。 小枝が多く枝ぶりがやわらかいです。冬期は落葉します。樹皮は緑色がかります 青みを帯びた緑色の葉はとてもきれいです。 樹高H1.5m株立の根元です。   ・植付けの適期は、3〜7月です。ポット苗や仮植物は、この限りではありません。 ・植え付け場所は、日当たり、水はけ、水もちのよい肥沃な場所を好みます。 ・密に植える場合には、生長した事を考えて1.5〜2m程あけて植えて下さい。 ・植付けの穴は、根鉢の1.5〜2倍の大きさで掘り腐葉土を混ぜて植えて下さい。 ・植込みの際、根鉢のビニールポットや黒いバッグは、剥がして下さい。麻布は、根鉢の状況により付けたままでも構いません。 ・植込み時に木の向きを決め、不要な枝葉を剪定します。 ・穴に水を注ぎながら根株に泥を密着させるように植え付けます。 ・植込み時の水遣りは、たっぷりとあげて下さい。   ・葉色を良くするためにも油粕などの有機肥料を秋から冬にかけて少量を追肥して下さい 。積雪地域では雪解け後、与えて下さい。 ・剪定は、落葉期に絡んだ枝や徒長枝を付け根から取り除いてください。 ・風通しが悪いと内部の葉が枯れる事がありますので剪定により整えて下さい。 ・葉の蒸れを防ぐために枯れた葉はふるい落として下さい。 ...

こちらの関連商品はいかがですか?

モミジ/サンゴカク 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

12,960

モミジ/サンゴカク 株立 樹高1.8m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

12,960

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

常緑ヤマボウシ「月光」株立 樹高1.8m前後(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

11,800

常緑ヤマボウシ「月光」株立 樹高1.8m前後(根鉢含まず)

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) [S1.5, 2]常緑ヤマボウシ 四季を通して楽しめる! 常緑ヤマボウシは、通年を通して葉をつけており、中でも月光は花つきがとても良いのが特徴です。秋には実が熟し、紅葉の時期を迎えます。季節ごとに違う魅力をかねそなえた樹種はそう多くはありません。剪定しなくても整った樹形は、和風、洋風、自然風とどの様式の庭にも似合います。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東〜沖縄 種類 月光 通常のヤマボウシより花つきがよいので見ごたえ十分なのが特徴です。 鑑賞ポイントと時期 5月下旬〜6月頃 先端がとがった端正な表情で樹幹を埋めるように綺麗な花が咲きます。上向きの花は上からの鑑賞にも向きます。 7〜8月頃 つやのある葉が木漏れ日とともに明るく涼しげな緑陰を作り出してくれます 9月頃 赤い2cmぐらいの実をつけ、熟すと甘味があります 11月頃 葉が赤くなり、紅葉を楽しめます 管理のポイント 植えつけ 日向地〜半日陰で、強い西日を避けた排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 自然な樹形がよく、強い剪定はなるべく避ける。剪定する場合は、伸びすぎたり、邪魔な枝の間引き程度をに行う。自然体が基本なので、毎年少しずつ樹形を整えていく。 常緑ヤマボウシの冬〜春にかけての葉の変化 冬場から春にかけての常緑ヤマボウシは、下記の写真の様に寒くなると葉が紅葉して、季節的に葉が少くなります。又...

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.0m前後

ガーデンタウン

2,160

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.0m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

ナナカマド 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

9,720

ナナカマド 樹高1.8m前後

ナナカマド バラ科 ナナカマド属 落葉高木 ________________________________________________________________________________________________________________________真っ赤に色づく紅葉と果実。北国の秋を代表する鑑賞樹木ナナカマドは北国の代表的な紅葉樹です。大きな房状につく小豆大の果実も真っ赤に熟して見事な姿となります。5〜7月に白い花が咲き、葉は枝先にまとまってつきます。赤い果実は鳥達の食用になり、また果実酒としても利用されます。光沢のある朱赤色の実が房状につき美しい。寒さが増し、落葉した後にも実は残り、美しく樹を彩ります。温暖な平野部では害虫が多く、育成も悪く枝枯れも起こしがちです。植え付け日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。植え穴は大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水必ず高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は1〜2月に行います。長く伸びた枝や込みすぎた枝を剪定します。施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを1〜2月上旬頃に与えます。病害虫温暖な地域ではカイガラムシ、アブラムシ、ハマキムシ、テッポウムシなどの被害が見られるので、早め早めに駆除、防除していきます。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:日本全国 開花時期:5〜7月果実熟期:11〜2月鑑賞樹高:6〜10m施肥時期:2月と8月用途:花木・シンボルツリー・添景樹◇ガーデンタウン...

オリーブ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

17,280

オリーブ 樹高1.8m前後

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありますが“品種の指定不可”です。予めご了承下さい。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−−【実期】10月〜11月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

7,560

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.5m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

イロハモミジ 株立 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

11,880

イロハモミジ 株立 樹高2.0m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

イロハモミジ 株立 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

イロハモミジ 株立 樹高2.5m前後

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

モミジ/ノムラモミジ株立 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

19,440

モミジ/ノムラモミジ株立 樹高2.0m前後

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

送料無料
【不動の人気!】お庭のシンボルツリーに!!【シマトネリコ 株立 樹高1.2m前後】

グリーンPEACE

7,480

【不動の人気!】お庭のシンボルツリーに!!【シマトネリコ 株立 樹高1.2m前後】

※冬〜春にシマトネリコをお買い求めのお客様へ シマトネリコは常緑〜半落葉樹になります。 冬の寒さ等で、葉が変色したり枝先が葉枯れをして落葉してしまう場合があります。 しかし春〜夏にかけて新芽が芽吹き元の状態に戻りますので、品質には何の問題もありません。 予めご理解いただいた上でご注文いただけますよう宜しくお願いします。シンボルツリーの王道!大人気のシマトネリコ! シマトネリコ株立 樹高1.2m前後 今や大人気のシマトネリコ!シャラシャラと風になびく光沢のある葉は1年中楽しめ、誰もが癒されます。玄関先に植えて、夜はライトアップすればご自宅のセンスアップ間違いなし!!シマトネリコ株立ちをお探しの方にオススメです。   樹高1.2m前後 【生育条件】 日当たりのよい場所から明るい日陰でも育ちますが、明るいほうがよく育ちます。水はけがよい土を好みます。【管理方法】 土の表面が乾いたらたっぷり水をやります。庭植えで植えつけて2年以上たつ株は、特に水やりの必要はありません。庭植えは、2月ごろに寒肥(元肥)として有機質肥料を株元の周辺に埋めておけば、そのほかは必要ありません。鉢植えは3月に化成肥料を株元に追肥します。剪定は伸びすぎる枝や込みすぎる小枝を切り詰める程度で、基本的に自然樹形に仕立てます。

ハナミズキ(赤花) 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

10,800

ハナミズキ(赤花) 樹高1.8m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12〜2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12〜1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

サルスベリ(白花) 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

9,180

サルスベリ(白花) 樹高1.8m前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5〜10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われていま す。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部〜亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2〜3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

16,200

マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.8m前後

マルバノキ(ベニマンサク)マンサク科 マルバノキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________秋に咲くユニークな花。ハート形の葉の紅葉も美しい。マルバノキは中部地方以西の本州、四国に分布する落葉低木です。葉は互生し、ハナズオウに似たハートの形で全緑。秋にはその年に伸びた枝に短い花柄を出して、ヒトデ形をした暗紫紅色の花を咲かせます。花は目立ちませんが、秋の真っ赤に紅葉する姿が一番の見所です。植え付け2〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日陰〜半日陰の水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は殆ど必要ありません。伸びすぎた枝や、不要な枝は落葉期間中に根元から切り取ります。肥料はほとんど必要ありませんが、与える場合は、油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:東北南部以西 開花時期:10〜11月鑑賞樹高:2〜3m施肥時期:2月用途:庭木・添景樹◇ガーデンタウン◇秋の紅葉が美しい『マルバノキ(ベニマンサク)』

ロドレイア/シャクナゲモドキ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

15,120

ロドレイア/シャクナゲモドキ 樹高1.8m前後

ロドレイア(シャクナゲモドキ)マンサク科 ロドレイア属 常緑小木 ________________________________________________________________________________________________________________________エキゾチックな花が印象的♪ 春に濃いピンク色の花を咲かせる常緑樹です。葉は濃緑色の光沢のあるなめらかな革質葉。花が枝先に集まって咲く雰囲気や樹性がシャクナゲに似ていることから和名が「シャクナゲモドキ」とも呼ばれています。 植え付け日当たり、水はけのよい場所を好みます。12?3月頃までに植えつけます。植え穴は大きめに掘り、堆肥か腐葉土を多めに入れて土とよく混ぜ、水はけよく高めに植えつけます。整枝・剪定剪定はあまり必要ありません。放任していても自然とキレイに樹形がまとまります。剪定する場合は花が終わってからの時期に行って下さい。管理・肥料等2月と5月、それに8月下旬に施肥します。2月と8月には油粕と骨粉または粒状化成肥料を等量混ぜたものを、5月には粒状化成肥料を追肥します。 ________________________________________________________________________________________________________________________ 栽培適地:北海道南部以南開花時期:4?5月最終樹高:3m?7m前後用途:庭木・鉢植え ◇ガーデンタウン◇

サルスベリ/カントリーレッド 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

9,504

サルスベリ/カントリーレッド 樹高1.8m前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。サルスベリは高さが5〜10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ公園や街路樹に植えられてきました。サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤系の花が長く咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われていま す。花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!!【サルスベリの見所】・開花期の長い花・光沢のある美しい幹・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け落葉樹ですが、温帯南部〜亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。乾燥に弱いため、水切れに注意してください。土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。剪定・管理サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。剪定は2〜3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を咲かせることになるので...

ヒイラギ 樹高1.8m前後 露地

ガーデンタウン

7,020

ヒイラギ 樹高1.8m前後 露地

ヒイラギ モクセイ科 モクセイ属 常緑小高木 商品説明 ヒイラギ(柊)は葉の周りの刺が特徴の常緑樹です。樹高は4〜8mに生長し、葉は革質で厚く表面には光沢があり、若木の葉には先が刺状になる大形のギザギザがあります。11〜12月の冬頃,芳香のある白い花を咲かせます。花は約5mmt程度で小さくは葉のわきに多数まとまってつき澄んだ爽やかな香りがします。ヒイラギには果実もなり、開花翌年の6〜7月に熟します。長さ1.5cmのタマゴ形で、熟すと紫色になります。ヒイラギは生垣や庭木として広く利用されていますが、現在でも魔除けとして鬼門の方向に植えたり、縁起木として玄関脇に植えられたりしています。 花・実期 紅葉時期 【花期】11月〜12月【実期】4月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 耐久性がありますので日陰〜日当たりのいい,適度に湿り気がある場所に植え込みます。腐葉土などを混ぜた土壌を好み、乾燥する場所にはなるべく植えないようにします。乾燥すると生長が悪く枝が枯れてしまうことがあります。また、寒風のあたる場所は避けます。ヒイラギは、庭木の中では病虫害に強い植物ですが、ハダニ、カイガラ虫、サビ病、炭素病、褐点病、の害を受けることが有ります。虫に新芽を食べられると花の付きが悪くなりますので、オルトラン・ダニ剤などを使用し殺虫します。 用途 庭木・生垣に☆トゲトゲの葉で魔除けや、防犯対策に!

カエデ/サンゴカクモミジ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

9,180

カエデ/サンゴカクモミジ 樹高1.8m前後

サンゴカク モミジ(珊瑚閣) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。冬寒くなると枝先が赤くなるものは結構ありますが、中でも鮮やかに全体が赤く染まるのがこの「サンゴモミジ」です。寒くなるにつれて新枝が赤く染まって実に美しい姿になります。葉色は黄緑から夏場には黄色味を帯びた緑色に変化し、秋には黄色〜赤茶色が混じり紅葉します。 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−【実期】5月〜10月【紅葉】10月〜12月 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます! カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーなどモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です...

キンモクセイ 単木 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

7,020

キンモクセイ 単木 樹高1.8m前後

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られ...

桜/ソメイヨシノ 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

4,860

桜/ソメイヨシノ 樹高1.8m前後

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

【木曜日発送】ヒメシャラ 株立 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

24,624

【木曜日発送】ヒメシャラ 株立 樹高2.5m前後

シャラノキ(ナツツバキ)ツバキ科 ナツツバキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________梅雨時に咲く花は涼味満点。しっとりとした風情は洋風の庭にもよく似合う。梅雨の頃に、花径5〜7cm、白色一重の清楚な花を咲かせます。花は短命な一日花で、淡い緑の葉、灰褐色の樹皮も美しく、秋の紅葉も味わいがあります。四季の移ろいに敏感で侘び寂びの趣を重んじる日本人にぴったりの花木と言えるでしょう。【特徴】樹皮は滑らかで光沢があり、幹がとても美しく有名な樹木です。シャラノキ日本三大美幹の1種で、秋には美しく紅葉します。洋風にも和風にも良く合います。おすすめ品種・ヒメシャラナツツバキの近品種で高木ですが、葉も花も小さく幹肌が赤みを帯びて美しい品種です。植え付け落葉樹なので2〜3月上旬、11〜12月が適期です。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。剪定・管理シャラやヒメシャラは大きくなるので、剪定は欠かせません。大きくなってから強く切り詰めると枯れ込みが生じるので、小さいうちから伸びを抑えていくようにします。枝は途中で切り詰めることは避け、必ず付け根で切り取ります。自然樹形を損なわないように不要な枝を抜いていくことが基本です。少し太めの切り口は保護材を塗って枯れ込みを防ぐのも大切です。【肥料】普通の土質であれば施肥の必要はありませんが、痩せ地で生育が思わしくないようなら、2月と8月下旬に油粕と骨粉を根元に施します...

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

16,200

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高2.0m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

エゴノキ/ピンクチャイム 株立 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

17,280

エゴノキ/ピンクチャイム 株立 樹高2.0m前後

エゴノキ・ピンクチャイム エゴノキ科 エゴノキ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● 栽培適地 北海道南部以南 植栽適期 3月・11〜12月 開花時期 5〜6月 施肥時期 1〜3月・7月 果実熟期 7〜8月 最終樹高 3〜5m 花 色 薄ピンク色 用 途 庭木・シンボルツリー・記念樹 樹木の特徴 ☆柔らかなピンク色の花をたわわに咲かせます☆ シンボルツリーとして人気! エゴノキは雑木風で横に広がる開放感のある自然樹形が美しいので、強い剪定はなるべく避けてください。 ピンクチャイムは普通種に比べるとやや成長が遅く、若い時期の細い幹は曲がってしまうことがあります。 支柱をしっかり立ててあげると、樹形が整い美しい形で育てることができます。 エゴノキは最終樹高が10mに成長しますが、ピンクチャイムは白花種に比べてやや成長が遅く、最高樹高は 3〜5mと小ぶりになります。 5月頃に咲く花は、落下傘状の薄いピンク色です。最盛期には枝が花で埋まるほど沢山の花を咲かせますので、 葉の爽やかな緑色と、薄桃色の花の色のコントラストがとても華やかです。 花が終わると、卵形をした果実をつけます。 この果皮には胃や喉に炎症を起こすサポニンという有毒物質が含まれていますので、口に入れるとえぐみを感じます。 小さなお子様がいらっしゃるご家庭では注意が必要となります。 この果実はヤマガラの大好物ですので、果実の時期になるとヤマガラが果実をついばむ姿が見れるかもしれません。...

【木曜日発送】ケヤキ 株立 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

22,680

【木曜日発送】ケヤキ 株立 樹高2.5m前後

ケヤキ(別名:ツキ) ニレ科 ケヤキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________街路樹や公園樹で有名なケヤキ。日本の代表的な広葉樹のひとつ。日本の山野に自生するほか、庭木、公園樹、街路樹として植えられています。ケヤキは 落葉樹の中では樹齢が長く、巨木になることで知られています。特に関東地方に多く植えられていて生育もよい。寿命の長い木なので、天然記念物に指定されているものも多く存在しています。 木目が美しい植えに狂いがほとんどなく、扇を広げたような樹冠になります。枝は褐色で細く、屈曲し、細かい白色の軟毛がある。葉は互生し、長さ2〜7cmの卵形または卵状披針形で質はやや薄い。 先は鋭くとがり、基部は円形またはやや心形で、ふちには鋭い鋸歯がある。表面はやや光沢があり、ザラザラしています。葉色は淡緑色。花は4〜5月に開くがあまり目立ちません。生育は旺盛で 、広い場所でのシンボルツリーや、景観樹、緑陰樹に最適です。植え付け11〜12月と2月下旬〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。風通しと日当たりがよく、水 はけがよい場所を好みます。湿気にもよく耐え保存性が高いので用途が広いです。大きくなるので植え付け場所は考慮して下さい。植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。 剪定・管理ケヤキは自然のままの姿を楽しむのが持ち味です。あまり手をかけないよう自然樹形を保つようにします。剪定する場合は、1〜3月の間であれば、どこで切っても 再萌芽します。6月頃切り戻して葉色の変化を再び楽しむ事も出来ます...

【木曜日発送】クロモジ 株立 樹高2.5m前後

ガーデンタウン

34,560

【木曜日発送】クロモジ 株立 樹高2.5m前後

クロモジクス ノキ科 クロモジ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________早春に咲く花は、地味ながら 味わい深い。近年、人気の高い雑木の庭でも名脇役のひとつ。低い山林によく見られる落葉性の樹木です。3〜4月に黄色い花が咲きます。木の姿、花、秋の黄葉など、 一年と通じて楽しむ事ができます。新枝の樹皮は緑色ですが、次第に黒褐色になります。樹皮の模様が文字のように見えるところから、黒文字の和名が付いたそうです。日本庭園はもちろん、洋 風の庭にも合います。また、日当たりの良くない狭いスペースに最適な樹種なので近年人気のある樹木です。クロモジの仲間で『シロモジ』と言う木がありますが、この木は葉が大きく3裂し変 わった葉形をしているのが特徴です。植え付け2〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。半日陰〜日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。強い陽光と乾 燥を嫌うので植え付け場所には適しません。植え穴に堆肥を多めに混ぜて水はけよく高めに植え付けます。植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。剪定・管理 剪定は12月〜2月に行います。地際からよく枝幹を出して大きな株立ちになるので4〜5年生くらいの枝幹は切り取り、更新していくとよいでしょう。肥料は開花前の2月と8月下旬に油粕と粒 状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫病害虫はあまりみられませんが、株が大きくなるとテッポウムシが根元に発生するので、見つけ次第早めに駆除します。 _________________________________________________...

オリーブ 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

10,584

オリーブ 樹高1.5m前後

オリーブ モクセイ科 オリーブ属 常緑高木 商品説明 現在、沢山の品種がありこの品種は“ミッション”になります。オリーブは古くから果実収穫のために栽培されていました。果実から油をとった『オリーブ油』はとても有名ですね!品種によってマル形や長いタマゴ形などがあり、緑色から熟すと黒紫色になります。葉はヤリの穂先のように細長い形をしており裏側は銀緑色をしています。花は黄白色で芳香があります。最近では庭木としても人気があり、今や日本でも上位に入る人気の常緑樹といえます。 花・実期 紅葉時期 【花期】−−−−−−【実期】10月〜11月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 オリーブは太陽が大好きです。一年を通して日光に当てて育てましょう。日当たりが悪いと生育も悪くなります。もともと乾燥に強い樹種ですので、乾燥気味の土壌を好みます。地植えにした場合は真夏の日照りが続くとき以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は土の表面が乾いてから与えて下さい。寒さには強いのですが、東北・北海道での庭植えは不向きです。冬季は室内の日当たりの良い場所の方が良いです。オリーブの木は自家受粉がしにくいので、一本だと実が成りづらい様です。はなるべく2本以上を近くに植える事をお勧めします。 用途 シンボルツリー・庭木・花木

ヤマモモ 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

5,400

ヤマモモ 樹高1.5m前後

ヤマモモ 常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属 商品説明 ヤマモモは常緑樹なので一年中、緑が楽しめます。庭木、シンボルツリーなどにいかがですか。※品種・実がなるかは分かりませんのでご了承下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜4月【実期】6月〜7月【紅葉】−−−−−− 適地・管理 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めて下さい。 用途 庭木、シンボルツリーなどに最適ヤマモモ常緑高木 ヤマモモ科 ヤマモモ属栽培適地関東以南植栽時期苗木:年中可。成木:11〜3月花色赤花肥料堆肥or化成肥料最終樹高10m用途生垣樹木or庭木or果樹ヤマモモはこんな植物観葉植物としてよく利用される。可愛らしい葉が特徴の常緑樹。ヤマモモは一年中葉がついている常緑樹です。乾燥した土地、栄養の乏しい土壌でも生育でき、比較的強健な植物です。山に自生し、実を付けることから「ヤマモモ」と呼ばれています。葉の付きもよく、青々とした葉が年中ついています。成木では滑らかな全緑ですが、若木では不規則なギザギザ葉が出ることもあります。3〜4月にかけて数珠状で桃〜赤色の花を咲かせます。花はあまり目立ちません。花後の6月にヤマモモ最大の見所となる赤い実を実らせます。ヤマモモは雄雌異株です。実のなる木は雌の木で、梅雨時期に黒紅色の美しい果実を付けます。この果実は食用も可能で、平安時代から食用として親しまれていました。大きくなると自然に樹形が球型に整います。病害虫にも強いので街路樹などにも利用されています。 ※品種は商品名に記載している通りです。品種名が無いものは品種名が分かりません。また、確実に実がなるかは分かりません。ご了承の程よろしくお願い致します。ご理解...

モクレン(紫花)樹高1.5m〜1.8m前後

ガーデンタウン

8,100

モクレン(紫花)樹高1.5m〜1.8m前後

モクレン(木蓮)モクレン科 モクレン属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________おおらかで艶麗な芳香花。世界中で愛されている魅力的な花木モクレンの仲間は種類や品種が非常に多く、植え込み場所に適したものや、花形、花色など、好みの物を選んで楽しむことが出来ます。一度根付けば、樹勢いが強く、病害虫も殆どありません。大きく育てると真価を発揮しますが、狭いところに適する品種もあり、また鉢植えでも十分に育てることができます。【代表的な品種】ハクモクレン白花で大輪の品種です。生長すると大きな高木になります。シモクレン株立ち状の樹形になる大低木で濃紫紅色の大輪花が咲く。【モクレンの特徴】春になると株いっぱいに大きな花を咲かせます。大きく高さのある花木。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12〜3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰〜日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。モクレンの仲間は根が太くやわらかく折れやすいので、根鉢を崩さないようにして植えつけるのがコツです。剪定・管理整枝以外に、殆ど手はかかりません。剪定は1〜2月に行います。樹勢が強い樹木なので強剪定に耐え、高木になるのも防げます。【肥料】肥料は2月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫殆ど見られませんが、念のために6月に殺虫剤と殺菌剤を散布しておくと効果的です。_____________________________________...

シャクナゲツツジ 樹高0.8~1.0m前後

ガーデンタウン

12,960

シャクナゲツツジ 樹高0.8~1.0m前後

シャクナゲツツジ ツツジ科 常緑低木■ 商品説明 近年、品種改良されたツツジ類になります。他のツツジ類に比べてとても花付きがよくご覧の様な大きなピンク色の花を沢山咲かせます♪そのため「ツツジ属の女王」とも呼ばれています☆珍しい品種となりますので知らない人がほとんどでしょう。ネットショップにもあまり流通していないツツジです。本格的に生産していないため、数量限定での出品です! 本当に綺麗ですよ♪♪ 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜5月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。夏場の水やりは定期的に行って下さい。 用途 庭園樹・公園樹・生垣・盆栽・鉢植などツツジの女王と呼ばれる理由見て下さい!この花の付き方!!ものすごいでしょう!!こんなにまでビッシリ花を咲かせるツツジはそう他にありません。まさに【女王】と呼ばれるにふさわしい品種です!それにネットショップにもあまり流通していない樹木です。初めて知られる方も多いのでわないでしょうか・・・本格的な生産品ではありませんのでツツジの季節になりますと売り切れの恐れがあります。今期は値下げ↓↓しておりますのでお買い得になっております♪是非この時期から育ててみて下さいませ!!

カエデ/イロハモミジ 単木 樹高1.8m前後 ポット苗

ガーデンタウン

6,480

カエデ/イロハモミジ 単木 樹高1.8m前後 ポット苗

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

桜/ヤマザクラ 樹高1.8m前後ポット苗

ガーデンタウン

4,860

桜/ヤマザクラ 樹高1.8m前後ポット苗

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【おすすめの品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

常緑ヤマボウシ(斑入) 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

21,600

常緑ヤマボウシ(斑入) 樹高1.8m前後

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜11月 最終樹高 5m〜10m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高いです。 植え付け...

アメリカヤマボウシ/ハナミズキ(白花)樹高1.8m前後

ガーデンタウン

10,800

アメリカヤマボウシ/ハナミズキ(白花)樹高1.8m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12〜2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12〜1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

常緑ヤマボウシ 樹高1.8m前後 ホンコンエンシス月光

ガーデンタウン

10,584

常緑ヤマボウシ 樹高1.8m前後 ホンコンエンシス月光

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化し、紅葉も楽しめます。植え付け適期は落葉性のものは、2〜3月、常緑性3〜6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。剪定・管理特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。 その他花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ/ホンコンエンシス月光花はもちろん、秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる!5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴で、その中でも優秀品種と言われるのが「ホンコンエンシス月光」です。花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます...

アジサイ/アナベル 樹高0.8m前後

ガーデンタウン

6,480

アジサイ/アナベル 樹高0.8m前後

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが...

クロガネモチ 樹高1.8m

ガーデンタウン

9,720

クロガネモチ 樹高1.8m

クロガネモチ(フクラモチ)モチノキ科 モチノキ属 常緑広葉樹(高木) ________________________________________________________________________________________________________________________赤い実が「小鳥」を呼びよせます♪日陰にも強い木! クロガネモチは日本原産の常緑高木です。どっしりと大きく育つのが特徴で、モチノキ属の中ではもっとも大きく育ち、高さは20mに達することもあります。 植える際はスペースに注意しましょう。狭いスペースで楽しむには、鉢植えなので育てることもできます。どっしりと落ち着いた樹形で、公園や街路樹としてもよく使われています。 防火性にすぐれ、大気汚染にも強い木です。 植え付け 丈夫でどこでも育てられます。植え付けは5〜10月が敵期。日当たりの良い場所〜半日陰でも大丈夫です。水はけのよい肥沃な土に植えつけます。堆肥か腐葉土を多めに入れて土とよく混ぜ、水はけよく高めに植えつけます。 整枝・剪定 光沢のある葉が綺麗で、刈り込みに耐えよく萌芽します。自然樹形を保っていく場合は軽い剪定を11月〜12月に行ないます。また、樹形作りのための強剪定は5〜7月の間に行なって下さい。 樹形(高さ)をコンパクトに維持したい場合は毎年、定期的な剪定を欠かさない事がポイントです。 管理・肥料等 大気汚染や日照不足にも強く、丈夫で大きな木の移植も可能です。新緑の頃、ハマキムシ、カイガラムシがつくことがあるので、5月頃の早めに薬剤の散布防除を行ないます。 斑点病で葉が落ちてしまったら、落ち葉は集めて焼却し、翌年の開葉期から月2回薬剤をまくと効果的。 肥料は寒肥として2月に根の周囲に溝を掘り堆肥を十分に施し...

アジサイ/アナベル 樹高1.0m前後

ガーデンタウン

8,100

アジサイ/アナベル 樹高1.0m前後

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが...

キンモクセイ 樹高1.0m前後

ガーデンタウン

2,138

キンモクセイ 樹高1.0m前後

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られ...

マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

10,368

マルバノキ/ベニマンサク 樹高1.2m前後

マルバノキ(ベニマンサク)マンサク科 マルバノキ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________秋に咲くユニークな花。ハート形の葉の紅葉も美しい。マルバノキは中部地方以西の本州、四国に分布する落葉低木です。葉は互生し、ハナズオウに似たハートの形で全緑。秋にはその年に伸びた枝に短い花柄を出して、ヒトデ形をした暗紫紅色の花を咲かせます。花は目立ちませんが、秋の真っ赤に紅葉する姿が一番の見所です。植え付け2〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日陰〜半日陰の水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は殆ど必要ありません。伸びすぎた枝や、不要な枝は落葉期間中に根元から切り取ります。肥料はほとんど必要ありませんが、与える場合は、油粕単用か粒状化成肥料を等量混ぜたものを2月に施します。病害虫病害虫は特に見られません。 ________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:東北南部以西 開花時期:10〜11月鑑賞樹高:2〜3m施肥時期:2月用途:庭木・添景樹◇ガーデンタウン◇秋の紅葉が美しい『マルバノキ(ベニマンサク)』

ハナミズキ(白花) 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

7,560

ハナミズキ(白花) 樹高1.5m前後

ハナミズキ(花水木)ミズキ科 ミズキ属 落葉高木別名:アメリカヤマボウシ________________________________________________________________________________________________________________________鑑賞期間が長く、秋の紅葉、赤熟し果実も鑑賞高い。樹皮は灰黒色で、葉はタマゴ形で枝先に多く集まり、秋には美しく紅葉します。毎年、春先に可愛い花が咲き、日本を代表する花木として愛されてきました。花つきが良く最も有名で人気のある花木です。花芽がたくさん付くので、毎年春先が楽しみですね♪【おすすめの品種】クラウド・ナイン白花で大輪の花が咲く品種です。サンセット芽立ちが赤から黄金色になる斑入り葉の赤花品種。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。チェロキー・チーフ大輪の花が咲く、赤花の代表種です。植え付け植え付けは12〜2月。樹勢が強いので落葉した直後が適期です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、穴底に堆肥を入れて少し土を戻し、その植えに苗を置いて高めに植え、しっかりした支柱を取り付けておきます。剪定・管理剪定する場合は葉が落ちたらすぐに、12〜1月に行います。長い枝や内部の細かい枝を切り取り、樹形を整えていきます。肥料は油粕と化成肥料を等量混ぜた物を1月と8月下旬に施します。病害虫うどんこ病、根の紋斑病、テッポウムシなどが見られるので発生次第、早めに駆除します。________________________________________________________________________...

桜/ソメイヨシノ 樹高1.2m前後

ガーデンタウン

2,376

桜/ソメイヨシノ 樹高1.2m前後

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

サルスベリ/タスカローラ 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

7,020

サルスベリ/タスカローラ 樹高1.5m前後

サルスベリ(百日紅) ミソハギ科 サルスベリ属 落葉高木 ___________________________ 秋まで長く咲き続け、シンボルツリーに最適。冬の木肌も美しい。 サルスベリは高さが5〜10mにもなる中国南部原産の樹木で、温帯で真夏に 花を咲かせる代表的な花木のひとつで す。樹勢が強く、古くから庭をはじめ 公園や街路樹に植えられてきました。 サルスベリには紅や白色など、いくつもの花色(種類)があります。 花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくなら ないため、庭や公園などによく植えられています。 サルスベリの名は樹皮が滑らかなのでサルも滑り落ちるとの意味であり、赤い花が長く 咲き続けるので百日紅(ヒャクジツコウ)とも言われていま す。 花の少ない時期に咲くので夏を代表するような花木です!! 【サルスベリの見所】 ・開花期の長い花 ・光沢のある美しい幹 ・落葉後も幹が美しいので楽しめます。 植え付け 落葉樹ですが、温帯南部〜亜熱帯に見られる木なので萌芽が遅く、 植え付けは3月中旬以降4月上旬が適期です。 東北南部以南で日当たりに植え込みます。鉢植え の場合は、風通しの良い明るい場所。 乾燥に弱いため、水切れに注意してください。 土の表面が乾いたら、水をたっぷり与えて下さい。 剪定・管理 サルスベリは春の萌芽期 から新梢を伸ばしてその先端に開花します。 剪定は2〜3月中旬が適期です。貧弱な新梢にはよい花房はつかないので、 太枝を短く切りつめ、そこから勢いのよい新梢を出させると 大きな花房が つきます。剪定後が強い新梢を萌芽させることがよい花を 咲かせることになるので、2月に油粕を骨粉を等量混ぜたものを施すと 効果があります。また、8〜9月に同様の肥料を追肥します。 ___________________________...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク