メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「りんご苗」検索結果。

りんご苗の商品検索結果全147件中1~60件目

リンゴ 苗木 印度 13.5cmポット苗 インドりんご りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

3,240

リンゴ 苗木 印度 13.5cmポット苗 インドりんご りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 印度 13.5cmポット苗 インドりんご りんご 苗 林檎 印度リンゴはかつては高級リンゴとして知られていました。甘みが特徴の品種で、王林や陸奥などの交配親として知られています。 ◆「印度」の由来は南国の「インド」ではないようです◆ 青森県弘前市で栽培が始まったようですが、名前の由来については、もともとアメリカインディアナ州産のリンゴが導入されたという説、その他諸々あります。いずれにしても実際のインドから来た品種ではないようです。 昭和中期までは甘みの強さと貯蔵性の良さから大きな人気を誇っていましたが、糖度が高く多汁で、酸味とのバランスの取れた他の品種が出回るようになって急速に姿を消してゆきました。もちろん今でも個人的に栽培している農家の方もおられ、硬くて甘い、昔を思い出させる味が人々を喜ばせています。 現在はほとんど出回らなくなりましたが、「印度」は「むつ」や「王林」の生みの親でもあるため、日本のリンゴに大きな影響を及ぼした品種と言ってよいでしょう。 酸味はほとんどなく、強い甘みを感じます。収穫期が遅く、長期間貯蔵でき、長く味を楽しめるのも「印度」の利点です。収穫後2ヶ月程度貯蔵した後の方が甘みが強くなる傾向があります。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布することも必要です。 リンゴは寒さに強い植物で、マイナス20~30度くらいの寒さにも耐えることができます...

リンゴ 苗木 富士 12cmポット苗 ふじリンゴ りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,296

リンゴ 苗木 富士 12cmポット苗 ふじリンゴ りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 富士 12cmポット苗 ふじリンゴ りんご 苗 林檎 富士(フジ)は、「国光」と「デリシャス」の交配種です。 ◆いわずとしれたリンゴの代表格です◆ 日本で一番多い生産量を誇る「富士」です。1939年に誕生、1962年に登録されて以来、国内・海外を問わず、長らく愛されてきました。これまでたくさんの品種の生みの親ともなってきました。 果実は300~400gと大きめ、糖度は13~15度前後と甘く、酸味もほどよく、果汁も多い林檎です。甘みと香りがはっきりしていて、味のバランスもよく、「リンゴ」と言えばこの味わい、と感じる方が多いのではないでしょうか。 りんごの木は花も実も美しく、生垣に使ってみたり鑑賞用としても注目されています。コンパクトにまとまるので、庭植え果樹に最適です。 ぜひ日本のリンゴの代表格でもある「フジ」を育ててみてください。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布することも必要です。 リンゴは寒さに強い植物で、マイナス20~30度くらいの寒さにも耐えることができます。一方夏の暑さには弱いので、植え付けの際、西日の当たる暑い場所は避けた方がよいでしょう。 寒い時期を経験しないと休眠から覚醒しないため、一年中温暖な沖縄地方での栽培は難しいと言われています。 植え付け適期は11月から3月ですが、厳冬期は避けた方がよいでしょう。水はけの良い場所を選んでください...

リンゴ 苗木 紅玉 12cmポット苗 こうぎょく りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

リンゴ 苗木 紅玉 12cmポット苗 こうぎょく りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 紅玉 12cmポット苗 こうぎょく りんご 苗 林檎 紅玉はアメリカ原産の中玉りんご品種です。 ◆名前のとおり、真っ赤になるきれいなリンゴです◆ 果実は200gほどで少し小さめです。紅玉の名のとおり、果皮は真っ赤に色づきます。果肉は緻密です。 新しい品種に押されてしまった時期もありましたが、酸味や舌触りの良い果肉の感触が製菓用などにも向いているということで、近年再びよく栽培され、根強い人気を持っています。実際タルトやパイなどによく利用されています。 甘みもありますが、酸味があり、香りもはっきりとしています。その酸味で、後味もとてもさっぱりしています。熟した果実を良く拭くとつやが出て非常にきれいです。 りんごの木は花も実も美しく、生垣に使ってみたり鑑賞用としても注目されています。コンパクトにまとまるので、庭植え果樹に最適です。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布することも必要です。 リンゴは寒さに強い植物で、マイナス20~30度くらいの寒さにも耐えることができます。一方、夏の暑さには弱いので、植え付けの際、西日の当たる暑い場所は避けた方がよいでしょう。 寒い時期を経験しないと休眠から覚醒しないため、一年中温暖な沖縄地方での栽培は難しいと言われています。 植え付け適期は11月から3月ですが、厳冬期は避けた方がよいでしょう。水はけの良い場所を選んでください...

リンゴ 苗木 ジョナゴールド 12cmポット苗 (ワイ性) りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,944

リンゴ 苗木 ジョナゴールド 12cmポット苗 (ワイ性) りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 ジョナゴールド 12cmポット苗 (ワイ性) りんご 苗 林檎 ジョナゴールドは、「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」の交配品種です。「紅玉」の英語名が「ジョナサン」なので、「ゴールデン」と「ジョナ」をミックスして付けた名前のようです。 ◆良く知られた身近な品種です◆ 果実は400g前後と大きめ、淡いピンク色になります。果肉は硬めで緻密、果汁は多くて糖度は高く、適度な酸味があり、濃厚な味わいがする林檎です。リンゴの酸味が好きな方にはこたえられない味です。シャキシャキした食感も特徴です。 国内では「ふじ」や「つがる」などに次いで4番目に多く作られており大変身近な品種で、味のバランスが取れています。 生食やサラダだけではなく、料理や菓子などに利用することもできます。 ◆ワイ性苗とは?◆ ワイ性苗とは、矮性台木(わいせいだいぎ)に接木された苗木のことです。 「矮台」、「YD」とも呼ばれます。リンゴはそのまま育つと樹高が非常に高くなりますが、矮性台木に接木することで樹高が2m前後で収まり、低い位置に実がなるので、収穫しやすく管理もはるかに容易になる、という利点があります。 台木の樹勢が強く、台木の方から芽が出てくることがありますが、すべて取り除いてください。放っておくと、肝心のリンゴの方に養分がゆかず、枯れてしまうこともあります。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布すること...

リンゴ 苗木 ジョナゴールド 12cmポット苗 りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

リンゴ 苗木 ジョナゴールド 12cmポット苗 りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 ジョナゴールド 12cmポット苗 りんご 苗 林檎 ジョナゴールドは、「ゴールデンデリシャス」と「紅玉」の交配品種です。「紅玉」の英語名が「ジョナサン」なので、「ゴールデン」と「ジョナ」をミックスして付けた名前のようです。 ◆良く知られた身近な品種です◆ 果実は400g前後と大きめ、淡いピンク色になります。果肉は硬めで緻密、果汁は多くて糖度は高く、適度な酸味があり、濃厚な味わいがする林檎です。リンゴの酸味が好きな方にはこたえられない味です。シャキシャキした食感も特徴です。 国内では「ふじ」や「つがる」などに次いで4番目に多く作られており大変身近な品種で、味のバランスが取れています。 生食やサラダだけではなく、料理や菓子などに利用することもできます。 りんごの木は花も実も美しく、生垣に使ってみたり鑑賞用としても注目されています。コンパクトにまとまるので、庭植え果樹にも最適です。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布することも必要です。 リンゴは寒さに強い植物で、マイナス20~30度くらいの寒さにも耐えることができます。一方、夏の暑さには弱いので、植え付けの際、西日の当たる暑い場所は避けた方がよいでしょう。 寒い時期を経験しないと休眠から覚醒しないため、一年中温暖な沖縄地方での栽培は難しいと言われています。 植え付け適期は11月から3月ですが...

リンゴ 苗木 陽光 12cmポット苗 ようこう りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

リンゴ 苗木 陽光 12cmポット苗 ようこう りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 陽光 12cmポット苗 ようこう りんご 苗 林檎 陽光は、ゴールデンデリシャスの自然交雑でできた種子をたくさん集めて育て、優良なものを選抜した品種です。 ◆甘みと酸味のバランスが取れた品種です◆ 果肉は固め、大きさは300~350gほどの中型種です。果実は熟すにつれ濃い赤色に色づきます。果肉は白に近いクリーム色です。甘みと酸味のバランスが良く、果汁が多いのでシャキシャキとした歯ごたえを楽しめます。しっかりした歯触りの後に果汁がしみだしてきて、甘みが拡がってゆきます。食味の良いリンゴです。サビが発生しやすく、熟するころには黄金色のサビが付きますが、それがこの品種の特徴ともいえます。 りんごの木は花も実も美しく、生垣に使ってみたり鑑賞用としても注目されています。コンパクトにまとまるので、庭植え果樹に最適です。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布することも必要です。 リンゴは寒さに強い植物で、マイナス20~30度くらいの寒さにも耐えることができます。一方夏の暑さには弱いので、植え付けの際、西日の当たる暑い場所は避けた方がよいでしょう。 寒い時期を経験しないと休眠から覚醒しないため、一年中温暖な沖縄地方での栽培は難しいと言われています。 植え付け適期は11月から3月ですが、厳冬期は避けた方がよいでしょう。水はけの良い場所を選んでください...

リンゴ 苗木 ぐんま名月 13.5cmポット苗 りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

3,888

リンゴ 苗木 ぐんま名月 13.5cmポット苗 りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 ぐんま名月 13.5cmポット苗 りんご 苗 林檎 ぐんま名月は、「あかぎ」と「ふじ」の交雑により、群馬県で育成された品種で、やや晩生です。 ◆蜜が入りやすい品種です◆ 果実は280~330g、果皮の色は黄色ですが、赤くなる部分もあります。糖度は15度くらい、酸味が少ないうえに蜜が入りやすいという品種です。 一般に黄色いりんごは甘くて酸味が少ないといわれますが、ぐんま名月も酸味は控えめで、甘みが強く、ジューシーな林檎です。香りがよくて大変食べやすく、おいしい品種ですが、栽培面積が非常に小さく流通量が少ないため、希少な品種とも言えます。手に入りにくい品種を家で楽しめるのは、自家栽培ならではの良さと言えるでしょう。あまり貯蔵性がないので、収穫後は比較的早めに食べると良いでしょう。 りんごの木は花も実も美しく、生垣に使ってみたり鑑賞用としても注目されています。コンパクトにまとまるので、庭植え果樹にも最適です。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ、シンクイムシ、アブラムシなどの害虫を駆除するために薬剤を散布することも必要です。 リンゴは寒さに強い植物で、マイナス20~30度くらいの寒さにも耐えることができます。一方夏の暑さには弱いので、植え付けの際、西日の当たる暑い場所は避けた方がよいでしょう。 寒い時期を経験しないと休眠から覚醒しないため、一年中温暖な沖縄地方での栽培は難しいと言われています。 植え付け適期は11月から3月ですが...

リンゴ 苗木 富士 12cmポット苗 ふじリンゴ (ワイ性) りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

1,620

リンゴ 苗木 富士 12cmポット苗 ふじリンゴ (ワイ性) りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 富士 12cmポット苗 ふじリンゴ (ワイ性) りんご 苗 林檎 富士は、「国光」と「デリシャス」の交配種です。 ◆いわずとしれたリンゴの代表格◆ 日本で一番多い生産量を誇る「富士」です。1939年に誕生、1962年に登録されて以来、国内・海外を問わず、長らく愛されてきました。たくさんの品種の生みの親ともなってきました。 果実は300~400gと大きめ、糖度は13~15度前後と甘く、酸味もほどよく、果汁も多い林檎です。甘みと香りがはっきりしていて、味のバランスもよく、「リンゴ」と言えばこの味わい、と感じる方が多いのではないでしょうか。 りんごの木は花も実も美しく、生垣に使ってみたり鑑賞用としても注目されています。コンパクトにまとまるので、庭植え果樹に最適です。 ぜひ日本のリンゴの代表格でもある「フジ」を育ててみてください。 ◆ワイ性苗とは?◆ ワイ性苗とは、矮性台木(わいせいだいぎ)に接木された苗木のことです。「矮台」、「YD」とも呼ばれます。 リンゴはそのまま育つと樹高が非常に高くなりますが、矮性台木に接木することで樹高が2m前後で収まり、低い位置に実がなるので、収穫しやすく管理もはるかに容易になる、という利点があります。 台木の樹勢が強く、台木の方から芽が出てくることがありますが、すべて取り除いてください。放っておくと、肝心のリンゴの方に養分がゆかず、枯れてしまうこともあります。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です。キンモンホソガ...

リンゴ 苗木 シナノゴールド (PVP) 13.5cmポット苗 (ワイ性) りんご 苗 林檎 gv

苗通販店:ぐりーんべりぃ

4,428

リンゴ 苗木 シナノゴールド (PVP) 13.5cmポット苗 (ワイ性) りんご 苗 林檎 gv

リンゴ 苗木 シナノゴールド (PVP) 13.5cmポット苗 (ワイ性) りんご 苗 林檎 シナノゴールドは「ゴールデンデリシャス」に「千秋」の花粉を交配して出来たものを選抜育成したりんご品種で、長野県のオリジナル品種「リンゴ3兄弟」のひとつとされています。 ◆味が非常に優れた、期待の品種です◆ リンゴの大産地である長野県で栽培されるリンゴの中でも、シナノゴールドはとりわけ優れた品種です。 表皮は黄緑色ですが、熟すと黄色に変わってゆきます。 果実の大きさは300g程度と、大きな実を楽しめるのも良いところです。糖度は14~15%程と高いですが、酸味もしっかりあるので、味のバランスがとても良い林檎です。果汁も多く、ジューシーな舌触りを楽しめます。 少し硬めの果肉なので、アップルパイなど加熱調理にも向いています。 貯蔵性が良く、長い期間楽しめるのも特徴です。 ◆ワイ性苗とは?◆ ワイ性苗とは、矮性台木(わいせいだいぎ)に接木された苗木のことです。「矮台」、「YD」とも呼ばれます。 リンゴはそのまま育つと樹高が非常に高くなりますが、矮性台木に接木することで樹高が2m前後で収まり、低い位置に実がなるので、収穫しやすく管理もはるかに容易になる、という利点があります。 台木の樹勢が強く、台木の方から芽が出てくることがありますが、すべて取り除いてください。放っておくと、肝心のリンゴの方に養分がゆかず、枯れてしまうこともあります。 ◆育て方◆ 人気のある果物の代表といってもいいリンゴですが、育てるのには手間がかかることも知られています。 病害虫対策をしっかりすることがカギです。果樹を傷めるものとしては、斑点落葉病、うどんこ病、腐らん病などがあります。いずれの場合も治ることはないので、病気になった葉・花・枝・落ち葉などを素早く処理することが大切です...

果樹の苗/リンゴ:いわい(祝)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

果樹の苗/リンゴ:いわい(祝)4~5号ポット

最も早くから収穫できる昔なつかしい青リンゴ果樹の苗/リンゴ:いわい(祝)4~5号ポット昔なつかしい青リンゴの品種で、収穫は8月上旬から9月上旬頃です。りんごの中でも最も出回り時期が早く、夏の青りんごとして親しまれています。未熟なうちから甘みがあるため、青りんごで出回りますが、完熟させると果皮が縞状に色づき、より一段とおいしくなります。アメリカ原産ですが、明治33年の皇太子御成婚にちなみ「祝」と名づけられたという非常に古い品種。受粉樹が必要ですので、ふじなど他の品種を一緒に植えてください。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:8月~9月上旬樹高:2.5~5m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し...

スポンサーリンク
スポンサーリンク