メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「つる性植物赤い実」検索結果。

つる性植物赤い実の商品検索結果全6件中1~6件目

秋を彩る樹木 4種彩りセット 各種1ポット計4ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,970

秋を彩る樹木 4種彩りセット 各種1ポット計4ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品内容ツリバナマユミ・・・秋に赤い実が四方にぱっくり開き、中から赤い種がぶら下がる様子がとてもかわいらしいです。秋の紅葉も見ごたえがあります。半日陰の風通しのいい場所で育てましょう。ツルウメモドキ・・・土質は特に選びませんが、水はけのよい肥沃な土壌に植えつけます。日当たりの良い場所に置きましょう。つる性の植物なので、水は切らさないように気を付けます。土の表面が乾いたらたっぷりあげてください。成長が非常に早く、つるが伸びて大きくなってしまうので、冬の間にせん定し整えます。チョウセンゴミシ・・・庭植えにするとどんどん育ちます。落葉樹の近くなどの明るめの半日陰に植え付けます。比較的日当たりのあるほうが実がつきやすいでしょう。つる植物なので、側にまきつける木などがある場所を選びます。鉢植えでは、鉢が大きければ大きいほど苗も合わせて大きくなります。通気性が良く、水はけのよい土壌を好みます。寒さには強いのですが、乾燥させないように注意します。 ハナイカダ・・・高さ10~20cm程の苗です。1ポットに雄木と雌木が1本ずつ植えてあります。葉の真ん中に花が咲く、ちょっと変わった植物です。風通しの良い場所に植え付けて下さい。

果樹の苗/キウイ(メス木):紅心(こうしん)4.5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

果樹の苗/キウイ(メス木):紅心(こうしん)4.5号ポット

紅心(こうしん)は酸味が少なく、滑らかな口当たりで美味しい品種です。黄肉種ですが中心に少し赤い色素が入る場合もあります。別名、レッドプリンセスとも呼ばれます。庭植えで大きく育てる場合は、ぶどうのように棚を作って果実をぶら下げるとよいでしょう。小型に仕立てても実が収穫できます。フェンスやアーチなど、いろいろなものにからませて楽しんでください。鉢植えで小型のあんどん仕立てにしても実が収穫できます。キウイは雄雌異株のため、受粉用として雌木に雄木が必要です。紅心は早生品種ですので、雄木も早生系品種をあわせてください。雄木の品種は早雄がおすすめです。※早咲き品種の雄木の場合でも地域により開花期がずれる場合がございます。その場合は雄木の花粉を採取して貯蔵するか、市販のキウイ花粉をご利用ください。タイプ:マタタビ科の耐寒性落葉樹(つる性)植えつけ時期:10月中旬~4月下旬収穫時期:9月中旬頃~11月中旬頃栽培可能地域:南東北から沖縄まで栽培方法:日当たりがよく、できれば西日の当たらない涼しい場所で腐葉土を十分すき込んで植えつけます。油粕に骨粉を混ぜて与えるとよいでしょう。肥料で窒素分が多いと伸長しすぎて、実が熟しきらないことがあるので注意してください。庭植えで大きく育てる場合は、ぶどうのように棚を作って果実をぶら下げるとよいでしょう。小型に仕立てても実が収穫できます。フェンスやアーチなど、いろいろなものにからませて楽しんでください。鉢植えで小型のあんどん仕立てにしても実が収穫できます。毎年つるを長く伸ばしますが、剪定したつるで籠を編んでも素敵です。ヘイワードよりも3週間ほど早く収穫できます。収穫・保存方法収穫は一度に行います。果実を手で持ち、枝の付け根のところを手で押してはずします。収穫したばかりの果実は硬くて酸味が強いので、直ちに紙箱などに入れ...

樹木:チョウセンゴミシ(朝鮮五味子) 10.5cmポット雌木苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

713

樹木:チョウセンゴミシ(朝鮮五味子) 10.5cmポット雌木苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明北海道・本州(中部地方以北)の山地に生える落葉性つる植物です。チョウセンゴミシは、雄雌異株とされていますが近年の調査で同株として扱われています。和名は、江戸時代に生薬の五味子として朝鮮半島から輸入していたことから由来し、また五味子の「五味」は、実の味が、甘味・酸味・辛味・苦味・塩味の五つの味があることから名づけられました。この実は、咳止めや滋養強壮の効果があるといわれ、古くから漢方薬の原料となっています。また現在では、葉の作用も研究されています。韓国では、お菓子、お茶、お酒としても利用されます。特に「五味子茶(オミジャ茶)」といわれる韓国の伝統的なお茶として有名で、きれいなピンク色の酸味と甘味がとても美味しいお茶です。その日の体調によって感じられる味が変わるといわれています。5~7月頃に芳香のある白い花をつけます。秋には5~7mmの赤い実をつけ、穂状にぶら下がる姿は森の彩りとして周りを華やかにします。この実をよく乾燥させると黒色になり、これが五味子という生薬になります。●科・属名モクレン科マツブサ属●特性落葉性つる植物●開花時期5~7月●育て方庭植えにするとどんどん育ちます。落葉樹の近くなどの明るめの半日陰に植え付けます。比較的日当たりのあるほうが実がつきやすいでしょう。つる植物なので、側にまきつける木などがある場所を選びます。鉢植えでは、鉢が大きければ大きいほど苗も合わせて大きくなります。通気性が良く、水はけのよい土壌を好みます。寒さには強いのですが、乾燥させないように注意します。

こちらの関連商品はいかがですか?

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク