メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「つばきの花」検索結果。

つばきの花の商品検索結果全366件中361~366件目

フマキラー 花や緑の虫と病気に カダンD 殺虫・殺菌剤 450ml

ホームセンターブリコ

880

フマキラー 花や緑の虫と病気に カダンD 殺虫・殺菌剤 450ml

害虫退治&病気予防 アブラムシ、うどんこ病などのバラの主要病害虫に高い効果を発揮します。 舞いちりカットで効力アップ ダブルノズルの採用で噴霧粒子を大型化。風があっても舞いちりをおさえ、付着性がアップしました。 破棄らくらくキャップ 残ったガスを全量噴射できて、キャップが簡単に取り出せます。 【適用病害虫と使用方法】 作物名適用病害虫名 ばらアブラムシ類ハダニ類チュウレンジハバチ黒星病うどんこ病 きくアブラムシ類ハダニ類黒斑病褐斑病 作物名適用病害虫名 カーネーションハダニ類 つばき類チャドクガ幼虫 つつじ類ツツジグンバイ さくらアメリカシロヒトリ ※本剤及びアレスリン、TPNを含む農薬の総使用回数の制限は設定されていません。 ≪使い方≫噴霧液が均一に付着するように30cm以上離れた所から数回断続して噴射する。 ●容器を横やさかさにして使用しないでください。 [成分]アレスリン…0.19%、TPN(テトラクロロイソフタロニトリル)…0.60%、有機溶剤、界面活性剤、噴射剤等…99.21% [性状]乳白色液体 【効果・薬害等の注意】 ●本剤は使用前に容器をよく振る。また、30秒以上連続して使用する場合には、一度中断して容器を振ってから再び使用する。 ●植物体への近接噴射は冷害を生ずるおそれがあるので、対象物に噴霧液が薄く付着するように30cm以上離れた所から数回断続して噴射する。 ●新芽、新葉、花弁への使用は冷害または薬害を生じやすいので十分注意する。 ●葉などに薬液が多量に付着しすぎると薬害を生ずるおそれがあるので、必要以上に長時間噴射することのないように注意する。 ●ハダニ類に使用する場合は、処理後ふ化幼虫が発生することがあるので、一週間後にくり返し散布する。 ●夏期高温時の使用は、薬害を生じやすいので、噴射は日中をさけ...

住友化学園芸ベニカ Xファインスプレー 虫&病気 420mL

スターモール

746

住友化学園芸ベニカ Xファインスプレー 虫&病気 420mL

◆商品説明 花や緑など幅広い植物に使える園芸用殺虫剤です。害虫に対しては速効性と持続性(アブラムシで約1ヶ月)を備えています。病原菌の浸入を防いで病気も防除します。 ◆効果 ●効果のある病気・害虫 ・害虫:アブラムシ類、コナジラミ類、ハダニ類、チュウレンジハバチ、ハスモンヨトウ、ツツジグンバイ、チャドクガ、ツノロウムシ、ヘリグロテントウノミハムシ ・病気:うどんこ病、黒星病、灰色かび病 ●対象作物 ・草花:花き類・観葉植物、ばら、マリーゴールド、プリムラ、ポトス、バーベナ ・庭木:つつじ類、つばき類、ひいらぎもくせい ・野菜:トマト、なす、きゅうり ◆使用上の注意 ・体調のすぐれない時は散布しないでください。 ・人に向かって噴射しないでください。 ・散布時は、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖作業衣などを着用してください。 ・本剤は、のど、鼻、皮ふなどを刺激する場合、また、かゆみを生じる場合があるので注意してください。 ・風向きなどを考え周辺の人家、自動車、壁、洗濯物、ペット、玩具などに散布液がかからないように注意してください。 ・ミツバチ及び蚕に影響があるので注意して使用してください。 ・街路、公園等で使用する場合、散布区域に縄囲いや立て札を立て、散布中及び散布後(最小限その当日)に関係者以外は立ち入らせないでください。小児、人畜等に留意してください。 ・使用後の空容器は3回以上洗浄してから処理してください。 ◆ご注意 ・使用にあたっては、容器をよく振ってください。 ・花き類に使用する場合、花弁に薬液が飛散するとシミ等の症状が出る恐れがあるので、花にかからないように注意してください。 ・ツノロウムシの防除に使用する場合は、虫令が進むと効果が劣るので若令幼虫を対象にしてください。 ・適用作物群に属する作物...

カダンセーフシリーズ 害虫退治 バシレックス水和剤 2g×4袋入【郵送対応】

日光種苗

580

カダンセーフシリーズ 害虫退治 バシレックス水和剤 2g×4袋入【郵送対応】

化学殺虫剤を使用していない!!!天然微生物パワーで害虫退治!!!! 【バシレックス水和剤】 ●自然界に存在する有用微生物を利用した環境に優しい殺虫剤です。 ●本剤の有効成分「バチルス チューリゲンシス菌(BT菌)」はアオムシ、ケムシなどの チョウ目害虫に殺虫効果があります。 ●有機農産物栽培(JAS)にも使用ができます。 ●散布後、すばやく害虫の食害を防止します。 ●約1-2週間効果が持続します。 ●使いやすい小分け袋入りなので家庭菜園にも最適です。 【適用作物と適用害虫】 作物名 適用害虫名 野菜類 アオムシ、コナガ、タマナギンウワバ、ヨトウムシ、ハスモンヨトウ りんご ヒメシロモンドクガ、アメリカシロヒトリ、ハマキムシ類 かき カキノヘタムシガ、イラガ類 茶 チャノコカクモンハマキ、チャハマキ、ヨモギエダシャク、チャノホソガ さんしょう(果実) アゲハ類 さくら モンクロシャチホコ、アメリカシロヒトリ プラタナス アメリカシロヒトリ つばき類 チャドクガ 樹木類 トビモンオオエダシャク ストック コナガ フェニックス・ロベレニー トビモンオオエダシャク 芝 タマナヤガ、スジキリヨトウ、シバツノガ ●本剤は500-2000倍に希釈して使用します。1包(2g)で1Lの薬液が作れます。(500倍希釈の場合) ●同封の説明書に希釈倍数、使用時期、使用回数、散布液の作り方、上手な散布の仕方、注意事項等が詳しく書いてあります。 ●散布液には少量の展着剤を加えるとより効果的です。

住友化学園芸 ベニカXスプレー 1000ml 4975292602507

ホームセンターブリコ

906

住友化学園芸 ベニカXスプレー 1000ml 4975292602507

●草花・庭木の害虫と病気を同時に防除します。 ●害虫はノックダウン効果ですばやく退治し、再発生も軽減します。 ●病気には浸透移行性の殺菌成分で、予防と治療に効果的です。 ●植物への展着性が良く、安定性にもすぐれた総合殺虫殺菌剤です。 ■剤型・使用方法 スプレー剤・そのままスプレー ■効果のある害虫・病気 [害虫]アブラムシ類、チュウレンジハバチ、チャドクガ、タバココナジラミ類 [病気]うどんこ病、黒星病、白さび病 ■対象作物 [草花]花き類・観葉植物、きく、サルビア [花木・庭木]ばら、つばき、さざんか ■商品データ 薬剤登録 農林水産省登録第20643号 性 状 無色澄明液体 有効成分 ペルメトリン・ミクロブタニル 容 量 1000ml入【適用病害虫と使用方法】 作物名適用病害虫名希釈倍数使用時期総使用回数 ※使用方法 ばらアブラムシ類、チュウレンジハバチ、うどんこ病、黒星病原液~~散布 きくアブラムシ類、うどんこ病、白さび病 サルビアアブラムシ類、タバココナジラミ類、(シルバーリーフコナジラミを含む)、うどんこ病 花き類・観葉植物(ばら、きく、サルビアを除く)アブラムシ類、うどんこ病 つばき類チャドクガ ※印は本剤及びそれぞれの有効成分を含む農薬の総使用回数の制限を示す。 【成分】 ペルメトリン・・・0.010% [3-(フェノキシベンジル=(1RS,3RS)-(1RS,3SR)-3-(2,2-ジクロロビニル)2,2-ジメチルシクロプロパンカルボキシラート] ミクロブタニル・・・0.0080% [2-p-クロロフェニル-2-(1H-1,2,4-トリアゾール-1-イルメチル)ヘキサンニトリル] 水、界面活性剤等・・・99.982%

フマキラー カダンK 450ml

ホームセンターブリコ

895

フマキラー カダンK 450ml

W効果 アレスリンとマシン油のW配合で夏期の幼虫、冬期の成虫を効果的に防除します。 舞いちりカットで効力アップ ダブルノズルの採用で噴霧粒子を大型化。風があっても舞いちりをおさえ、付着性がアップしました。 破棄らくらくキャップ 残ったガスを全量噴射できて、キャップが簡単に取り出せます。 【適用害虫と使用方法】 作物名適用害虫名使用時期使用方法 まさき、げっけいじゅ、まつ、つばき類、すぎ、もっこく、つげ、つつじ類、もくせい、さんごじゅ、もちのき、あおきカイガラムシ類ロウムシ類夏期冬期霧が均一に付着するよう約50cmはなれた所から断続的に噴射する。 落葉性庭木類冬期10~20cmはなれた所から枝及び虫体に霧が十分付着するよう断続的に使用する。 ※本剤及びアレスリン、マシン油を含む農薬の総使用回数の制限は設定されていません。 ●容器を横やさかさにして使用しないでください。 [成分]アレスリン…0.090%、マシン油…4.0%、ピペロニルブトキサイド…0.50%、溶剤、乳化剤、噴射剤等…95.41% [性状]乳白色粘性液体 【効果・薬害等の注意】 ●本剤は使用前に容器を倒立させながら2~3回軽く振る。また30秒以上続けて使用する場合には一旦使用を中断して容器を振ってから再び使用する。 ●夏期使用の場合は、植物体に近接して噴射したり、続けて長く噴射すると、冷害や薬害を生ずるおそれがあるので、植物体に噴霧液がうすく付着する程度に、約50cmの距離から1~2秒間ずつ数回断続的に噴射する。特に新芽、新葉、つぼみ、花弁などへの使用は薬害を生じやすいので、新葉展開期や開花期には使用しない。 ●冬期に使用する場合には、植物体から10~20cmはなれた所から枝や虫体に噴霧液が十分付着するよう数回断続して噴射する。但し、つばき...

スポンサーリンク
スポンサーリンク