メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「あじさい苗」検索結果。

あじさい苗の商品検索結果全210件中1~60件目

山あじさい 京の舞姫(5号)

緑の風yamashoku

1,080

山あじさい 京の舞姫(5号)

花期:通常5月~6月 山あじさいは、日本各地に自生し庭植えはもちろん、小さな鉢で花を咲かせることもできます。西洋アジサイにくらべて花や株が小型なので水切れさせないようにすれば苔玉仕立てや盆栽風に楽しむことができ、大変風情があって魅力的です。 半日陰~日なた(夏は木陰)を好みます。水切れするとなんともみじめな姿になりますがたっぷり与えれば回復します。しかし水切れ状態は株を弱らせるので、水やりはこまめにしましょう。 樹形に多少個体差があります。あらかじめご了承下さい。 鉢の形態:5号プラ鉢(鉢は他の物になることもあります) 全体サイズ:幅約43~48cm高さ51~55cm(鉢を含むサイズです)アジサイ Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木 アジサイの種類はたくさんありますが近年一般的に出回っているものは額アジサイと西洋アジサイ、北米産アジサイが主流です。 秋色アジサイという長期間花を観賞する方法で販売されているものも人気です。 額アジサイや山あじさいは日本に自生し古くから親しまれている種類で庭植えに向いています。 西洋アジサイは今や一番多く見かける鉢植えアジサイでその種類の多さと華やかさが人気となり品種も多岐にわたっています。 北米産アジサイとはアナベルや柏葉アジサイを代表とした種類でドライフラワーなどにも利用されます。他のアジサイと剪定時期などが違う点も特徴です。 【販売期間】4月から本格的に多種多様のアジサイが入荷し、梅雨前までが最盛期です。 【管理】 直射日光を避けた半日陰で元気に育ちます。 鉢植えはすぐに水切れしますので毎日たっぷりと与えます。夏は特に水切れが激しく、日に2回必要な時もあります。 花が終わったら花茎の下2~3節の脇芽が出ている上で切ります。 アジサイは適切な時期の剪定が必要で7月下旬...

山あじさい 九重凜華(5号)

緑の風yamashoku

1,080

山あじさい 九重凜華(5号)

花期:通常5月~6月 山あじさいは、日本各地に自生し庭植えはもちろん、小さな鉢で花を咲かせることもできます。西洋アジサイにくらべて花や株が小型なので水切れさせないようにすれば苔玉仕立てや盆栽風に楽しむことができ、大変風情があって魅力的です。 半日陰~日なた(夏は木陰)を好みます。水切れするとなんともみじめな姿になりますがたっぷり与えれば回復します。しかし水切れ状態は株を弱らせるので、水やりはこまめにしましょう。 樹形に多少個体差があります。あらかじめご了承下さい。 鉢の形態:5号プラ鉢(鉢は他の物になることもあります) 全体サイズ:幅約40~45cm高さ39~43cm(鉢を含むサイズです)アジサイ Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木 アジサイの種類はたくさんありますが近年一般的に出回っているものは額アジサイと西洋アジサイ、北米産アジサイが主流です。 秋色アジサイという長期間花を観賞する方法で販売されているものも人気です。 額アジサイや山あじさいは日本に自生し古くから親しまれている種類で庭植えに向いています。 西洋アジサイは今や一番多く見かける鉢植えアジサイでその種類の多さと華やかさが人気となり品種も多岐にわたっています。 北米産アジサイとはアナベルや柏葉アジサイを代表とした種類でドライフラワーなどにも利用されます。他のアジサイと剪定時期などが違う点も特徴です。 【販売期間】4月から本格的に多種多様のアジサイが入荷し、梅雨前までが最盛期です。 【管理】 直射日光を避けた半日陰で元気に育ちます。 鉢植えはすぐに水切れしますので毎日たっぷりと与えます。夏は特に水切れが激しく、日に2回必要な時もあります。 花が終わったら花茎の下2~3節の脇芽が出ている上で切ります。 アジサイは適切な時期の剪定が必要で7月下旬...

苗・苗木:山アジサイ(あじさい)*各種(植え替えサービスあり!)

遊恵盆栽 楽天市場店

1,080

苗・苗木:山アジサイ(あじさい)*各種(植え替えサービスあり!)

ギフト対応 商品情報 樹種:山アジサイ 【品種】 ・東雲:白地に淡い青い筋の花弁が特徴 ・倉木てまり:小さな手毬姿の青花品種 ・満天星:一重のてまり咲で大輪 ・土佐涼風:薄い青の細弁で両性花は白色です ・日向の青てまり:澄んだ青色のてまり咲き ・七変化:青を基調に赤色やピンク色など鮮やかな色が楽しめます。 ・桃花:柔らかい桃色の花が咲きます。 ・日向の紅子持ち:白に近い桃花で大変清楚な品種 ・霧の夕映:咲き始めは極淡青色で咲進むと赤紫の斑点が無数に現れ白地は残り一重咲 ・紅:咲き始めは白で日の経過と共に赤に変化します。 ・乙女の舞:桃色の細長い花弁で八重咲き ・鹿野の華: 淡い桃紫色のてまり咲き ・富士の滝:白で丸弁の八重子持ち咲き半てまり ・舞妓:花色は白~薄桃~淡青へと変化し手まり咲 ・紫光梅:その名の通り濃い青、紫系の光沢な花が咲きます。 ※お育ての状況により花色が変わる品種もあります。 めずらしい山紫陽花の苗です。もちろん庭植えにもできます。 *鉢は付いておりません。プラスティックポットでのお届けになります。 落葉樹。初夏に清楚お花を咲かせます。水はけがよく肥沃な土を好みます。日当たりがよい場所で管理してあげて下さい。 *数量物の為、若干樹形が異なる場合がございます。 6月に開花し、7-10月は葉姿でのお届けとなります。夏以降は葉が花芽をつけるために焼けています。 ☆植替えサービス!☆ こちらの商品と鉢とを同時購入していただきますと、ご希望の方に職人が植替えをしてお届け致します。 オススメは以下の鉢となります。 ・瀬戸焼鉢 10.5cm サイズ 樹高:約20~30cm、8cmポット入り 手入れ ・水遣り・・・用土の表面が乾いたら、たっぷりとあげます。目安は春・秋は1日1-2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。・置き場所・・...

苗・苗木:山アジサイ(ヤマアジサイ)山あじさい*各種 4寸ポット!七段花、美里桜などなど!

遊恵盆栽 楽天市場店

1,296

苗・苗木:山アジサイ(ヤマアジサイ)山あじさい*各種 4寸ポット!七段花、美里桜などなど!

商品情報 樹種:山アジサイ 【品種】 ※お育ての状況により花色が変わる品種もあります。 めずらしい山紫陽花の苗です。もちろん庭植えにもできます。 *鉢は付いておりません。プラスティックポットでのお届けになります。 落葉樹。初夏に清楚お花を咲かせます。水はけがよく肥沃な土を好みます。日当たりがよい場所で管理してあげて下さい。 *数量物の為、若干樹形が異なる場合がございます。 6月に開花し、7-10月は葉姿でのお届けとなります。夏以降は葉が花芽をつけるために焼けています。 サイズ 樹高:約20~30cm、12cmポット入り 手入れ ・水遣り・・・用土の表面が乾いたら、たっぷりとあげます。目安は春・秋は1日1-2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。・置き場所・・・基本的に室外。日当たり・風通しの良い所。冬は風、霜があたらない陽だまりが良い。室内での鑑賞期間の目安は、春から秋は2-3日、冬は1週間です。冷暖房の風が直接あたらないように気をつけてください。 簡単な育て方説明書をお付けいたします。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 配送 【業者】 ヤマト運輸 【配送サービス名】宅急便 詳しくはこちら ご注文時に以下の内容を必ずご確認ください ※配達日時指定の県別詳細 北海道&東北(青森県・秋田県・岩手県・山形県・福島県)・・・翌々日午前中から指定可能宮城県・・・翌日14時以降指定可能 関東(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県・東京都)・・・翌日午前中から指定可能 甲信越(新潟県・長野県・山梨県)・・・翌日午前中から指定可能 北陸(富山県・石川県・福井県)・・・翌日午前中から指定可能 東海(三重県...

【現品】あじさい苗 アジサイ ピンクアナベル 大株 05160

千草園芸

15,120

【現品】あじさい苗 アジサイ ピンクアナベル 大株 05160

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月16日に撮影しました。 こちらは寝巻です。 季節によって状態は変化します。185a-u ■花の色について 気温が低い季節は色が濃くなり、気温が上がるにつれて薄くなります。 また、日差しが強いと赤く、日陰などの弱い場所では薄いピンクになります。 くすんだ色で咲く季節もありますが、気温によって花の色は変化しますので、写真のような綺麗なピンク色になります。 ■桃色の20cm以上の大きな装飾花がとても見事です。花付がよく、耐寒、耐暑性ともにあり、北海道でも花を咲かせます。花を楽しむのはもちろん、寄せ植えにも適しています。 強光線の当たる場所では花の色が濃くなります。美しいピンクを出すには少し日陰のほうが良いでしょう。 hydrangea arborescens"NCHAI" 開花:6月~7月 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ピーチ姫 4号苗(a9)

千草園芸

1,080

アジサイ(紫陽花・あじさい) ピーチ姫 4号苗(a9)

18年3月23日に再入荷しました。季節によって状態は変化します。183d 大輪のテマリ咲きで、かわいらしい明るいピンク色の花を咲かせるアジサイです。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。 購入される前には、アジサイの状態一覧表(下表)を参考にしてください。 【アジサイの状態一覧表】 【入荷株】 【秋色】 【花痛み】 【花終わり...

アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 6号苗

千草園芸

2,376

アジサイ(紫陽花・あじさい) おはよう 6号苗

※写真は見本品です。 写真は17年6月13日に撮影しました商品です。 18年3月30日現在新芽が出始めた状態です。 季節によって状態は変化します。183d 酸度によって花色は変化します。 ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はSサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。よって、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがあります...

アジサイ(紫陽花・あじさい) シホウ  5号苗

千草園芸

1,836

アジサイ(紫陽花・あじさい) シホウ 5号苗

17年6月2日撮影。 18年4月30日現在、葉は出ていますが、花芽はまだ確認できません。 季節によって状態は変化します。167a ■栽培方法 日当たりと排水のよいところを好みます。 定植する場合は土を崩さないようにします。 水遣りは土の表面が乾いたら、たっぷりと与えてください。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。 よって、すぐに植え替えることをお勧めします。また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。 具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 ■アジサイの斑点症状 アジサイは夏を過ぎると葉に斑点が出ることがありますが、 後の成長や翌年の開花には影響はございません。 ■アジサイの状態による販売分け 当店では、アジサイの状態ごとに分けて販売しております。...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク