メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「あじさいの肥料」検索結果。

あじさいの肥料の商品検索結果全66件中1~60件目

青色あじさいの土【あじさい育種のオーソリティー】さかもと園芸の達人のあじさい青色あじさいの土 5リットル【限定予約販売100袋】イイハナ1187円培養土

kaopuストア

1,187

青色あじさいの土【あじさい育種のオーソリティー】さかもと園芸の達人のあじさい青色あじさいの土 5リットル【限定予約販売100袋】イイハナ1187円培養土

商品詳細 お届け 1日から2日でお届けいたします。 商品内容 さかもと園芸 達人のあじさい「青色あじさいの土」5リットル 大きさ H約35cm、W約20cm、D8cm 原材料 赤玉土、鹿沼土、ピートモス他 予約限定販売 数量をたくさんはご用意できないため、100袋の予約限定販売とさせていただきます。 **** **** **** **** 青色あじさいの土 ・達人のあじさい 土でプロの発色を再現 ・アジサイ育種の大家として世界的にも有名なさかもと園芸の青色あじさいの土です。 ・約40年の栽培経験から導き出された、青色あじさいの発色が最も良くなる黄金比率で原材料の土を調合しました。 ・あじさいの専門家がみずからpH調整を行い、元気な株を育てる厳選された有機肥料を加えました。 ・贈答用鉢花として不動の人気を誇るさかもと園芸のあじさいを実際に栽培するときに使用している土を販売いたします。 ・土の酸性度によって花色が左右されるあじさいは購入時の発色を次の年に再現しようとしてもなかなか同じにならないことがあります。 ・あじさい栽培のプロでも思い通りの発色を出すのが難しいとされる青色あじさいの土を今回数量限定でご用意させていただきました。 ・数量限定100袋のみご用意できました。

【父の日ギフト】アジサイ「フェアリーアイ」(ブルー)

ディノス

4,860

【父の日ギフト】アジサイ「フェアリーアイ」(ブルー)

【絶大な人気を誇るフラワー・オブ・ザ・イヤー2006-2007受賞のアジサイ】華やかな半八重のアジサイは、額アジサイから手まり咲きに変わりお届け時のブルー、夏のグリーン、秋の紅葉と花色の変化も楽しめます。「花の形と色の変化」を楽しみながら育てられるあじさいです。群馬県の生産者のみが丹精込めて栽培する人気のあじさい。群馬県の限られた生産者のみ栽培可能なアジサイです。※栽培環境により、色の変化がきれいに移行しない場合もございます。予めご了承ください。【お手入れ方法】●土の表面が白っぽく乾いたら水を与えてください。●肥料は液体を利用し、1ヶ月に1度程度与えてください。●色の変化を楽しむためには、涼しい風通しの良い場所で管理することが条件です。●翌年を花を咲かせるためには、戸外で管理し7月下旬ころまでに切り戻して下さい。 ■お申込期限:2018年6月13日(水)まで■お届け日:2018年6月13日(水)~6月17日(日)※お届け日の指定はできません。■約鉢径15・幅30・高さ40cm■アジサイ「フェアリーアイ」、バスケット(中国製)、お手入れのしおり【宅配便でお届け】宅配便でお届けします。こちらの商品は、ご購入後「お客様情報」から配送状況を確認する事ができません。また「商品発送のお知らせ」メールも配信されません。予めご了承ください。▼動画はこちら

がくあじさい 高さ40cm5本セット

とろばと

3,996

がくあじさい 高さ40cm5本セット

高さ40cm POT径15cm 5本セット ユキノシタ科アジサイ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 5POT入り。同梱包できません。 日本原産ので、多くのアジサイの母種ガクアジサイは、中央の小さな花のまわりに 咲く装飾花がまるで額縁のように見えることから、その名で呼ばれています。 丈夫で病害虫も比較的少なく初心者向きです。 西日の当たらない半日陰を好みますが、日向でも育ちます。 耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。 【植栽適地】 北海道南部~沖縄 【日当たり】 半日陰を好みます。 西洋アジサイは日向でも生育します。 【土壌・土質】 やや湿った肥沃な土壌を好みます。 西洋アジサイは水はけの良い土壌を好みます。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、 アルカリ性の土質ではピンク色や紅色にになります。 【用途】 シンボルツリー・根締め・コンテナ 【植えつけ】 暖地では、11月~3月の落葉期、 寒冷地では発芽前の3~4月ごろが適期です。 【肥料】 あまり肥料を必要としません。 施肥を行うときは、チッ素過多に注意が必要 【剪定方法】 2年に1回、のびすぎた枝を切りつめ、倒れた枝を取り除きます。 花芽が形成される9月ごろまでに行います。 葉の根元にある芽の位置を確認してその上で少し長目に切ります。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 【病害虫】 まれに炭そ病や輪班病が発生します。

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 6号 (e5)

千草園芸

3,132

アジサイ(紫陽花・あじさい) マジカル グリーンファイヤー 6号 (e5)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 荷物の大きさはmサイズです。 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていき...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ケイコ ピンク 5号【18年入荷株】

千草園芸

6,480

アジサイ(紫陽花・あじさい) ケイコ ピンク 5号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年5月8日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。185a ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 《pt10》アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

千草園芸

4,104

アジサイ(紫陽花・あじさい) ディープパープル 5号 【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年5月1日に再入荷しました。 季節によって状態は変化します。184e-u ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 《pt10》アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ケイコ ピンク 6号【18年入荷株】

千草園芸

7,020

アジサイ(紫陽花・あじさい) ケイコ ピンク 6号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年5月8日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。185a ★使用用途 鉢植え、ギフト、プレゼント、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など 送料 648より(運送会社により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 5号くらいの大きさの苗の場合は約3個 備考 ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 《pt10》アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ...

アジサイ(紫陽花・あじさい) プリセレマッドパープル 5号 【18年入荷株】

千草園芸

2,970

アジサイ(紫陽花・あじさい) プリセレマッドパープル 5号 【18年入荷株】

※写真は見本品です。 18年5月1日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。184e-u ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 《pt10》アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

アジサイ(紫陽花・あじさい)アーリー ブルー 6号苗【18年入荷株】

千草園芸

2,376

アジサイ(紫陽花・あじさい)アーリー ブルー 6号苗【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年5月18日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185b ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。...

アジサイ(紫陽花・あじさい) ウェディングドレス 5号苗【18年入荷株】

千草園芸

3,024

アジサイ(紫陽花・あじさい) ウェディングドレス 5号苗【18年入荷株】

18年4月27日に入荷。木の状態は季節により変化いたします。184d ※写真は見本品です。 ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く...

カシワバアジサイ【柏葉スノーフレーク】6号ポット清楚な花色が 梅雨の雨によく映えます★柏葉あじさい【八重咲き】 6号ポット

ファーム フローラル

2,139

カシワバアジサイ【柏葉スノーフレーク】6号ポット清楚な花色が 梅雨の雨によく映えます★柏葉あじさい【八重咲き】 6号ポット

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6~8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2~3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む...

山あじさいお花好き必見!!アジサイで情緒あふれるお庭作りを…小型のアジサイ☆珍しいヤマアジサイ各種 【アジサイ】【山野草】 耐寒性落葉低木

ファーム フローラル

1,383

山あじさいお花好き必見!!アジサイで情緒あふれるお庭作りを…小型のアジサイ☆珍しいヤマアジサイ各種 【アジサイ】【山野草】 耐寒性落葉低木

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6~8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2~3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む...

【秋色】アジサイ(紫陽花・あじさい) フェアリーアイ ピンク 5号【18年入荷株】

千草園芸

3,780

【秋色】アジサイ(紫陽花・あじさい) フェアリーアイ ピンク 5号【18年入荷株】

※写真は見本品です。 写真は18年5月17日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。185b-u ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 ★使用用途 鉢植え、地植え、花苗(花壇、寄せ植え)、など ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意し...

「大株」アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ソフトピンクサラサ6号苗(e8)

千草園芸

3,240

「大株」アジサイ(紫陽花・あじさい) ミュージックシリーズ ソフトピンクサラサ6号苗(e8)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年7月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。177c ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。アジサイ 【学名】Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので...

【花傷み・訳あり商品】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ピンク  5号 A(8輪以上)【18年入荷株】

千草園芸

2,916

【花傷み・訳あり商品】アジサイ(紫陽花・あじさい) ポップコーン ピンク 5号 A(8輪以上)【18年入荷株】

5月21日現在、花は傷んできております。 花傷みとしての少し値下げした販売となります。 写真は見本品です。花が沢山上がっています。8輪以上はあるポップコーンです。 18年5月4日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。184e 送料はmサイズです。(ページ下の送料表をご確認ください。) ■アジサイのお手入れ方法 アジサイの鉢植えは小さい鉢の割には多くの花を咲かせたものがほとんどです。 お送りしているものは仕入れたままの状態でのお届けとなりますがアジサイは生育が早く花を咲かせた状態のものは根が鉢の中いっぱいになっています。いわゆる根つまり状態です。 そのまま管理しているとすぐに鉢の土が乾き、日に何回も水をやらなければならず、たとえ水を与え続けても花は長持ちしないばかりか葉も悪くなってくる事がほとんどです。お買い求めになったらすぐに一回り大きい鉢への植え替えをお勧めします。 根鉢を少し崩して土(赤玉土など)をたして植え替えると、花も長持ちし、葉も元気になります。 花後の管理は本年に伸びた茎の半分くらいを切り取り、肥料を与えてよく日に当てておきます。 夏に水を切らさないように管理すると次の年の花芽をつけるようになります。 専用肥料はこちらをご覧ください。 またご自宅用のアジサイはこちらになります。 木/の状態は季節により変化いたします。アジサイ 【学名】 Hydrangea 「由来は、ラテン語でhydor(水)+容器angeion(容器)」 【分類】 ユキノシタ科 アジサイ属 【原産】 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、 一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 ■栽培方法 早い時期に購入したものは...

ガーデン・ハイドランジア【トゥギャザー】 3.5号ポット魅力的な秋色あじさい!肉厚な花弁で花を長く楽しめます鉢植えでこんんもりとした株姿にまとまります♪【トゥギャザー】 3.5号ポット【アジサイ】...

ファーム フローラル

2,139

ガーデン・ハイドランジア【トゥギャザー】 3.5号ポット魅力的な秋色あじさい!肉厚な花弁で花を長く楽しめます鉢植えでこんんもりとした株姿にまとまります♪【トゥギャザー】 3.5号ポット【アジサイ】...

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6~8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2~3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む...

送料無料
【1年間枯れ保証】【つる性】ツルアジサイ 0.2m 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

10,800

【1年間枯れ保証】【つる性】ツルアジサイ 0.2m 10本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらツルアジサイ 商品一覧0.2m1000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じユキノシタ科アジサイ属の商品アジサイヤマアジサイアジサイ/アナベルガクアジサイガクアジサイ斑入りガクアジサイ/紅花アジサイ/ジョウガサキアジサイ/墨田の花火アジサイ/アマチャエゾアジサイアジサイ/シチダンカタマアジサイヤマアジサイ赤花ヤマアジサイ青花アジサイ/安行四季咲アメリカアジサイ/ピンクのアナベルカシワバアジサイツルアジサイヤマアジサイ紅花【ツルアジサイ】読み:つるあじさい学名: Hydrangea petiolarisユキノシタ科アジサイ属落葉つる性高木【商品情報】ツルアジサイはつる性の落葉品種です。吸着により成長します。山林の高木や岩に気根で吸着します。非常に大きく伸びます。初夏に白色の花が集まって咲きます。乾燥をと暑さを嫌います。冬場は落葉します。放任していても形状に合わせて形を整えます。【育て方】肥沃で適湿な場所を好みます。乾燥と暑さを嫌うため植え付け場所には考慮が必要です。効率よくカバーする場合は誘引してあげるほうが良いでしょう。定期的に肥料を与えましょう。適地=全国日照り=日向or半日陰樹形=つる最終樹高=~m施肥時期=2~3月剪定時期=12月開花時期=5~7月果実=無し用途=花が咲く木、壁面緑化【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=斜面=茎による増殖=陰地に適する=植付目安 鉢/1m2[壁面緑化]登はん 吸着=@登はん 後に吸着下垂=登はん 巻きつき=下垂=懸崖(断崖を越え空中)=植付目安 1~3鉢/1m【その他】ツルアジサイは花が美しい品種です。モルタルの壁も容易にのぼる登はん性があります。痩せ地を嫌うため肥料を切らさないようにします。

ガーデン・ハイドランジア【パーフェクション】 3.5号ポット長期開花し、ピンクからグリーン、秋の紅葉のレッドへと変化する花色が特徴です♪【パーフェクション】 3.5号ポット【アジサイ】【完全八重花】

ファーム フローラル

2,139

ガーデン・ハイドランジア【パーフェクション】 3.5号ポット長期開花し、ピンクからグリーン、秋の紅葉のレッドへと変化する花色が特徴です♪【パーフェクション】 3.5号ポット【アジサイ】【完全八重花】

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6~8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2~3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む...

ガーデン・ハイドランジア【トゥギャザー ブラックビューティー】 3号ポット人気種トゥギャザーの枝変わり品種です♪手毬咲の完全八重花で、光沢ある黒茎が特徴!【トゥギャザーブラックビューティー】...

ファーム フローラル

2,139

ガーデン・ハイドランジア【トゥギャザー ブラックビューティー】 3号ポット人気種トゥギャザーの枝変わり品種です♪手毬咲の完全八重花で、光沢ある黒茎が特徴!【トゥギャザーブラックビューティー】...

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6~8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2~3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む...

■山アジサイ■桃色山あじさい(モモイロヤマ)3号ポット苗

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

398

■山アジサイ■桃色山あじさい(モモイロヤマ)3号ポット苗

日本古来のヤマアジサイ。繊細な姿で愛らしい雰囲気を放ちます。 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20130414] ■ 形状・サイズ他 9cmポット ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *時期により葉っぱがついていない状態の場合がございます。あらかじめご了承ください。 *肥料、土により花の色が変わります。ラベルの花色と実際の花色は生育環境により変わります。 日本の山に自生するアジサイ。アジサイに比べて小さいものが多く、変化に富んでいることが特徴です。細い枝が沢山出て、せん定をあまり必要としません。コンパクトなので狭いスペースにも。盆栽にもおすすめです。落葉樹の下に植えてシェードプランツとしていかがでしょうか? 桃色山あじさいは淡い桃色。輪郭に細かい刻み目が入るキュートなアジサイ。あなたの庭に愛らしさを添えてみて。 【育て方】 お届けした植物は早めにお水を与えてください。 ユキノシタ科の落葉低木 花時期は5~7月 草丈100~200cm 耐寒温度約-5℃(環境・生育状況により変わります) ■植え付け 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は特選花の培養土などのお花用の土がおすすめです。 庭植えの場合、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土や黒土、たい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 今植わっている土の表面が地面の土の表面の高さと合うように、土を調整して入れて植え付けてください。鉢植えの場合、地面の表面が鉢の縁から2~3cm下になるように植えるとよいでしょう。 この時肥料も与えておきましょう...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク